永享記6

− 鎌倉の合戦・その1 − 

 同二十九日、持氏は相州海老名道場に御陣を移された。

 千葉介胤直は、当初から憲実と御和談されるように再三申し上げていたが、武蔵府中で再びお諌め申し上げた。

「以前にも再三申し上げたのに御許容されず、また申し上げるのもはばかりがございますが、主暴を諌めざるは忠臣とは言わず、死を恐れて言わざるは勇士にあらずと言いますから、たとえ御勘気をこうむるとも、差し迫った一事を申し上げさせていただきます。管領はまったく異議なく見えますから、召し返されて元のように政務をたまわり、水魚の交わりをなされて、関東静謐のはかりごとをめぐらされるべきです。憲実は、内では君の過ちをただし外では君の美徳を揚げる無双の良臣でございますから、召し寄せれば参上しないはずがありません。ただ、讒者や群狂を恐れて遅参することはあるかもしれません。若君を御使者にして召し帰されるのが良いでしょう。それがしが若君の御供をして憲実を同道つかまつり、帰参させましょう」

 その場で評議一決して、九月二十四日、若君御下向と決まった。ところが、若宮の社務の尊仲がそれを聞いて、簗田河内守に飛脚を出し、「若君の御下向は良くない」と強く訴えたので、若君の御下向は取り止めになってしまった。

 千葉介(胤直)の諌言は無駄になってしまい、胤直はおおいに怒り、相州に御動座の時、御供せずにそのままとどまった。分陪河原の守備につくようにとの使者が来たので、「かしこまって承りました」と返事をしながらそちらにも赴かず、関戸山を越えられた時に、千葉介は手勢を引き連れて神田寺原に出て、下総国市川に陣を取った。

 海道の討手は大手と搦手が一緒になって箱根の陣を押し破り、大将の上杉中務少輔持房が相州高麗寺に陣を取った。(上杉持房は、上杉禅秀の子。禅秀の乱のあと、京都に逃れて叔父の氏朝に養われ、将軍義持・義教に仕えた。)

 そこで、これを防ぐために木戸左近大夫将監持季を大将として御旗をたまわり、相州八幡林に陣を取って、篝火をたいて夜を明かした。

 また、憲実追討のために下向した一色の人々も、従えていた軍兵がいつのまにか管領方(憲実方)に加わってしまい、手勢だけでは大敵を討つこともできず、一戦もしないうちに、同四日、海老名の陣に引き返した。

 同四日、上杉安房守(憲実)は数万の軍勢を従えて上州を出立し、同月十九日に分陪に着陣した。

 これを見て、御旗本にいた人々は、御内・外様の侍、奉行頭人にいたるまで、公方を捨て置いて管領(憲実)の勢に加わってしまった。残った者といえば、宗徒の御一揆と譜代旧功の勢ばかりであった。



前へ
永享記インデックスへ
次へ