永享記7

− 鎌倉の合戦・その2 − 



 同十一月一日、三浦介時高と大将として、二階堂の人々、持朝(扇谷上杉)の被官らが一味同心して大蔵の御所に押し寄せた。守備の兵が少なく、寄せ手は御所の内部をよく知っていたので、大庭に乱入した。

 御所方の人々は、若君を扇谷に落としたてまつった後、なりを静めて寄せ手を待ち受けていた。

 三浦介らが一枚楯を並べて門内に入って来たので、兜の鉢を傾け、鎧の袖を振り動かして、天地を動かし火を散らして切って落とし突き落とし、ここを先途と防戦した。寄せ手は若干きずをこうむって、一度にぱっと退いた。しかし、寄せ手は大軍だったので、追い出せば新手を入れ替えて攻め寄せて来たため、防ぎ矢を射た人々は、簗田河内守、同出羽守、名塚左衛門尉、河津三郎を初めとして一人も残らず討たれてしまった。

 やがて、方々から乱入して来て、人々の館に火をかけ、神社仏閣に入って戸帳を下ろし、神宝を奪い取り、限りない狼藉を始めた。三浦介の被官の佐保田豊後守が馳せまわって制止したので、軍勢はようやく静まった。

 同十一月一日、長尾尾張入道芳伝(忠政)が鎌倉の警護のために分陪河原を発って上って来る途中、同二日に持氏が海老名からお帰りになるのに、相州葛原で参会した。あわや敵かと見て、御供の人々は兜の緒を締め、馬の腹帯を固めて色めきたった。

 一色持家を御使者として、憲実の代官芳伝の元に遣わし、

「累祖等持院殿(尊氏)が天下の武将であった時からこのかた、汝らの先祖上杉民部少輔、長尾弾正は当家譜代の家僕として主従の礼儀を乱さなかった。しかるに汝らは重代の身に余る恩を忘れ、穏やかに子細を述べることをせずに大軍を興した。これでは、たとえ持氏を滅ぼしたとしても、天罰を逃れられぬであろう。憤ることがあるのなら、退いて所存を申すがよい。しかし、もしも、讒者の真偽にことよせて国家を傾けようとの企てなら、問答には及ばない。自害して白刃の前に命を断ち、黄泉の下で汝らの運命を見守ろう」と、一言のうちに若干の理を尽くして仰せになった。

 芳伝(長尾忠政)は馬から下り、

「これほどの仰せをうけたまわろうとは思いもしませんでした。ただ讒臣の憲直(詫間上杉)、直兼(一色)の申すことが誤りであることを申し開き、讒者を討って後人の悪習をこらしめようと思って兵を発したのです」と言って、楯をふせて畏まった。

 そこで、憲実の申されるとおり、憲直と直兼を罪科に処すことにしたため、芳伝は喜悦の眉を開いて、装束を改め、出仕して銀剣一振りを進上した。公方も御剣を下されたため、人々はみな色を直し、安堵の思いをなした。そして、芳伝が御供して鎌倉にお戻りになった。

 永安寺に入ろうとして御駕籠を進めたところ、三浦介の郎党の佐保田豊後以下の者どもが、八幡宮の近くの赤橋に集まって道を塞ぎ、鬨の声をあげた。そこで、御駕籠を戻して、ひとまず浄智寺に入御された。

 芳伝はおおいに怒り、豊後に近付いて、「もってのほかの狼藉」と声を荒げて難詰したため、赤橋にいた軍勢は退いた。そこで、無事に永安寺にお入りになることができた。




前へ
永享記インデックスへ
次へ