永享記8

− 持氏の出家 − 



 同月四日、金沢の称名寺という律宗の寺にお移りになった。

 このままでは御身のために悪いことになるだろうと思い、世に望みなく御身を捨てられた心の内を示すために、同月五日に御髪を落とされた。まだそのような御年齢でもないのに、剃髪して墨染めの衣の姿になられたことは、盛者必衰の理とは言いながら憂鬱なことであった。法名を長春院殿揚山道継と号し奉る。

 同月七日、長尾尾張入道(芳伝、総社長尾忠政)を大将として、憲直以下の讒臣を退治するために数千騎が金沢へ発向した。

 憲直も一色も運が窮まったのを知り、「『主が憂えば、すなわち臣辱めらる。主辱められれば、すなわち臣死す』と言う。今となっては、どうして死を惜しもうか」と、心静かに最期のいでたちをして、静まりかえっていた。

 やがて討手の大将の芳伝入道が半町ばかりのところにさしかかって、馬をさっと駆け寄せ、一斉に鬨の声をあげた。

 そこに、直兼(一色)の郎党の草壁遠江が名乗りをあげ、紺糸の鎧に同じ毛の五枚甲の緒を締め、瓦毛の馬に乗って先頭に進み、父子四人で少しもためらわずに大軍の中に駆け入った。馬けむりを立てて切り合い、切っては落とし、八方に戦って、一歩も退かずに討死した。

 これを見て、帆足、斎藤、餐場、場喜、ならびに板倉西大夫以下の侍も口々に名乗りをあげ、敵の真っ只中に会釈もなく駆け入って、一騎も残らず討死した。

 そのすきに、直兼父子三人と憲直父子二人のほか、浅羽下総守以下一族門葉の人々は、心静かに念仏を唱え、刺し違えて、重なり合って死んでいった。

 憲直の二男、上杉小五郎持成は山の内の徳善寺にいた。これを聞いて乳母の鱸御前を呼んで自害しようとしていたが、またすわり直して、硯を取り寄せ、筆に墨をつけて、辞世の詞を書いた。

合受百年煩悩業、今朝端返転身清、滅却心頭化、縁尽本来空  性行

 これをくるくると押したたみ、西に向かって手を合わせ、念仏を百回ほど唱えて、雪の肌を押し肌脱ぎ、九寸五分の刀を抜き、左の脇から右の乳の下まで引き廻したところを豊前守がうしろから首を打ち落とした。その太刀を取り直して、自分の胸元に鍔元まで刺し貫いて亡くなった。そのありさまを誉めない人はいなかった。

 そのほか、永安寺の中の平雲庵という寺で長尾出雲守が三戸治部少輔を討った。海老名尾張守入道は、六浦引越の道場で自害した。その弟の上野介は、上杉大夫持朝の家人どもが取り籠め、扇谷の会下寺海蔵寺で腹を切った。この人は兄に似ず、公方に再三、「世の中を静めることこそ大切です」と諌言申し上げていたことがわかったので、助命するようにと管領(憲実)が使いを送ったが、その使者が到着する前に自害してしまった。不運の至りであった。

 若宮の社務の尊仲も生け捕られた。これは讒言の張本なので尋問することもあろうと、京都に送ったが、結局誅せられたという。

 同月十一日、持氏は永安寺へお帰りになった。上杉修理大夫持朝、大石源左衛門尉憲儀、千葉介胤直らが交代で警護たてまつり、さながら禁籠のようであった。



前へ
永享記インデックスへ
次へ