永享記9

− 持氏・満貞の最期 − 



 さて、これより以後、政務には関わらせないので、持氏の御命ばかりは助けてくださるよう再三京都に申し上げたが、京都では評定の結果、「これまで無道が重なっており、奢侈梟悪を処罰しなければ後日の禍となり、天下の変の元となろう」ということになり、ついに討ち奉ることに決定されてしまった。

 永享十一年(1439)二月十日、持朝(扇谷上杉)と胤直(千葉)が押し寄せ奉り、永安寺を稲麻竹葦のように取り囲んで、御自害を勧め奉った。

 御近習伺候の人々がこれを聞き、木戸伊豆入道、冷泉民部少輔、小笠原山城守、設楽因幡守、印東伊勢守、武田因幡守、加島駿河守、曾我越中守、設楽遠江守、治田丹後守、木内伊勢守、神崎周防守、中林壱岐守が敵の中に駆け入り、蜘手十文字に駆け散らそうとわめきながら集まって、押しつ返しつ引っ組み引っ組み差し違えた。寄せ手が左右にさっと分かれて散々に射立てたので御所方は退きかかったが、再び取って返して討死した。

 満貞(稲村御所)の御馬廻り、南山上総入道、同左馬助、里見治部少輔、今川左近入道蔵人、二階堂伊勢入道、同民部少輔、下條左京亮、逸見甲斐入道、石川民部少輔、新五十郎左衛門尉、岩淵修理亮、泉田掃部助は、横合いから討ってかかり、両方の手勢を追いまくって、真っ只中に会釈もなく駆け入り、引っ組んで落としては、刺し違えて死んでいった。

 その間に、公方持氏と御舎弟の満貞は御自害された。哀れな次第である。御馬廻り、旧功の人々も、一人残らず討死した。神妙なことであった。

 二階堂信濃守はこの君に深く頼りにされてきたが、何を思ったか公方の御没落の前にどこかに落ちて行って、行方知れずになってしまった。

報国寺足利累代の墓 同二十八日、若君の義久は十歳であったが、討つことが決まったため、人々が馳せ集まって報国寺におわした若君に申し上げたところ、仏前に御焼香され、念仏を十遍お唱えになって、御守り刀を抜き、左の脇に突き立てて引き回し、うつ伏せにお倒れになった。哀れというもおろかなことであった。

 写真は報国寺(左)と、報国寺の裏にある足利家歴代の墓(右)。

 討手として参上した人々は、一同感じ入り、袖を顔に押し当てて、涙を流しながら戻って来た。

 「『栴檀は双葉より芳し』とは、このようなことを申すのであろう。あっぱれ武門の棟梁ともおなりになれる御器であった」と、惜しまない者はいなかった。



前へ
永享記インデックスへ
次へ