永享記10

− 憲の出家 − 



 さて、管領上杉安房守憲実はしばらく関東の成敗を司って鎌倉にいたが、諸大名がしきりに媚をなし、彼の旗下に入ることを望んできた。

 管領は、「もともと忠あって誤りはなかったとはいえ、虎口の讒言によって君臣不快となったことを思うと、未来永劫までの業障である。公方の京方御退治の企てを止めるために、たびたび上意に背いたのが原因とはいえ、有為無常の世の習い、明日をも知れぬ命だから、因果歴然、たちまち我が身に報いることであろう」と考え、また、譜代の主君を傾けたてまつったことを末代まで嘲られるのを恥じて、その身の罪を詫びるために、にわかに出家された。法名を高岳長棟庵主と号す(「高岳」は「高岩」の誤り)

 舎弟の同兵庫頭清方を越後から呼び寄せ、子息の成人までの名代として管領職を譲ったあと、永享十一年已未(1439)六月二十八日、長春院に参詣して公方の御影の前で焼香念仏し、涙を流しながら、「臣、このたび讒者のために御勘当をこうむり、思いがけず御敵となりました。しかりといえども、心中に不義の無いことを御照覧あれ」と言うやいなや、腰の刀を抜いて左の脇に突き立てた。

国清寺 お供の侍の高山越後守と那波内匠介がただちに走り寄って脇差を奪い取った。

 人々が馳せ集まって館に帰したてまつり、よくよく養生させたため、定められた業ではなかったためか、ほどなく平癒された。

 同十一月二十日、山内の館を離れ、藤沢においでになった。なおも世の中をもの憂く思われて、同十二月六日、伊豆国名越の国清寺に引き籠もられた。

 写真は、国清寺(こくしょうじ。静岡県韮山町奈古谷)。開基の畠山国清は鎌倉公方足利基氏の執事であったが、康安元年(1361)失脚すると基氏に背いて鎌倉から伊豆に居を移し、翌康安二年(1362)奈古谷に一寺を建てて国清寺と名付けた。応安元年(1368)伊豆守護上杉憲顕が整備し、足利義満の頃には関東十刹の一つに加えられて、天長山国清萬年禅寺と号される大寺院となった。寺の裏には、上杉憲顕の墓所がある。



前へ
永享記インデックスへ
次へ