永享記11

− 結城籠城 − 



 同十二年庚申(1440)正月十三日、一色伊予守が鎌倉から逐電して相州今泉にいることがわかった。

 「あわや天下の大乱は間近い」などと言っているうちに、このたび降人となって命をつなぎ、世の聞こえを口惜しく思っていた人々が、これ幸いと伊予守に同調し、ひそかに集まって相談していることがわかった。

 「大事に至らないうちに退治せよ」と、長尾出雲守憲景、太田備中守資光を大将として相州今泉の館に押し寄せた。

 ところが、国はみな内通しており、伊予守はどこかに落ちて行方知れずになってしまった。

 そこで、舞木駿河守持広が同類だったため、「管領の元に出仕すれば本領は安堵する」とたばかって長尾入道芳伝(忠政)の元に招き寄せた。

 持広はそれを本当のことだと思い、正月二十二日、太刀一腰と馬一匹を用意して尾張守(長尾忠政)の宿所にやって来た。物の具をつけた屈強な兵五十人をひそかに隠し置き、尾張守が相手をして酒を勧めて、頃合を見計らって前後左右から取り囲んで持広を討ち取った。

 持広の寄騎の侍、赤井若狭守が腰刀で切って入り、尾張守の郎党を多数討ち取って、ついに討死した。

 去年の御滅亡の際、近習の人々が長春院殿(足利持氏)の御子たちを日光山に落とし申したが、その後、あちこちの禅律寺院を転々としながら世の中のありさまを伺っていた。

結城城址 そのうち、「いつまでもこんなことをしてはいられない。急いで一味同心の者を誘い、再び関東を治めて持氏の鬱憤を晴らしたい」と考え、適当な大名を探して、結城氏朝に「是非とも」と頼まれたので、子息の七郎光久が御迎えに参上した。

 写真は、結城城址(茨城県結城市)。結城城は台地に築かれた平山城で、治承年間(1177-1180)に結城朝光によって築かれたと伝えられている。(結城城址を訪ねて写真を撮ったのは雪が降った翌日だったため、城跡に雪が残っていました。)
 結城氏は藤原秀郷の末裔で、小山政光の三男朝光が寿永二年
(1183)の野木宮合戦で志太義広を敗走させ、その勲功賞として下総国結城郡を与えられて結城氏を称したのに始まる。
 朝光は源頼朝の側近として活躍して幕府の重鎮となり、南北朝時代には朝祐
(六代)や直朝(七代)・直光(八代)兄弟が足利尊氏に従って活躍した(朝祐は多々良浜の合戦で討死、直朝は北畠親房の籠もる関城攻略の際に討死している)。結城氏朝は、結城家の十一代当主。

 その後、氏朝は家老一門を召し集め、この件について相談した。

 まだ引き受けていないと思っていたので、家老の水谷伊勢守、簗修理亮、同将監、黒田民部丞が口々に、

「当家はそれほどの名家ではありませんが、累代に及んで代々義士に与し、一度も不忠の行いをしたことはございません。関東では誰も当家のことを悪く言う者はおりませんから、若君たちが頼りに思し召したのもわかります。しかし、去年の乱で京方に御和談申し上げたため、京公方(足利義教)も管領(上杉清方)も、殿を二心無いものと思って深く信頼されています。それを無にして謀反の張本となるような御恨みがありましょうか。遠き思慮無ければ必ず近き憂い有りと申します。よくよく御思案ください」と、申し上げた。

 ところが、そこに厚木掃部介が馳せ参じて、「若君たちがおいでです」と言うやいなや、氏朝の長男結城七郎がお供して若君が現れた。

 家老一門はおおいに驚き、「さてさて、これほどの一大事を我々にご相談もなく思し召し立つとは、我らを屑とでもお思いか。これほどの大事になってはいたしかたない」と言って、水谷以下、四人の家老たちは全員髻(もとどり)を切って遁世してしまった。その中で水谷伊勢守だけは、いろいろ話し合った結果、「乱を見て捨てるのは弓矢の道にはずれる。いたしかたない」と、再び城に戻った。他の三人は、結局出家してしまった。

 しかし、近国や他国から牢人や志を同じくする大名小名が馳せ集まり、結城の城に立て籠もった。

空掘 もともと城は堅固であったが、急いでさらに大堀を掘り、塀を塗り、櫓を上げ、見せ勢を出し、御旗を打ち立てた。白旗、赤旗、二引両、左巴、釘貫、穀(かじ)の葉の紋などの旗が、数知れず翻った。

 写真は、結城城址の南側に残る空堀跡。(降雪の翌日に撮影したため、掘の底に雪が残っていて白く見えます。)

 また、古河城を修繕して、野田右馬介を大将として矢部大炊介以下が立て籠もった。

 この知らせが早馬で京都に届いたので、急いで追討するようにと御教書をお下しになり、御旗を下された。

 そこで、管領の上杉清方(越後上杉)が、武蔵国司上杉庁鼻性順(憲信)に発向して退治するようにと下知されたが、勢が足りなくて難しいと言うので、長尾左衛門尉景仲を加勢とすることにした。

 同三月十五日、両大将は二手に分かれて鎌倉を発った。性順は苔林(一書に苦林、あるいは芳林)に陣を張り、景仲は入間河原に陣を取って、軍勢が馳せ加わるのを待った。

 また、その頃、新田田中、佐野小太郎、高階、傍士、飯塚修理亮、桃井の被官の者、野田右馬介の郎党加藤伊豆守たちが、御所方(鎌倉公方方)として足利荘高橋郷野田の要害に馳せ集まり、旗を揚げた。

 これを討ち平らげるために、上州の者たちが評定した。上州の守護代の大石石見守憲重が上州一揆を催促して退治のために発向させようとして触れまわったが、両軍のどちらが優勢かを伺ったのか、誰も軍勢催促に応じなかった。

 しかし、このまま黙視するわけにもいかないと、四月四日、手勢だけで同国角淵に出陣した。そうしたところ、近隣の人々が少々馳せ加わったので、同九日に高橋の城に押し寄せた。

 掘の脇に楯を並べ、そこに大軍を集めて向城のようにしたところ、城に立て籠もっていた敵勢は気を呑まれてしまい、「敵は大軍で、かないそうにない。城の守りもおぼつかない。ここはひとまず落ちて、後日軍勢を催すことにしよう」と、その晩、城を引き払って没落した。雑色の国府野美濃守とその舎弟が城に残ったが、これらは大石によって討ち取られた。

 同四月二十日、鎌倉の警護のために三浦介時高が参上した。また、同五月一日、上杉中務少輔持房(犬懸上杉)が京都の御旗を奉じて鎌倉に下向した。

 上杉兵庫頭清方(越後上杉)と同修理大夫持朝(扇谷上杉)は四月十九日に鎌倉を発ち、あちこちで催促して軍勢を集めた。東海道はもちろんのこと、武蔵、上野の一揆や越後、信濃の軍勢が数万騎も馳せ集まった。

 また、京都からしきりに出陣を要請してきたので、伊豆国におわした安房入道長棟禅門(上杉憲実)も、同四月六日に伊豆国を発って山田庄に帰参し、長尾郷に逗留したあと、同五月十一日、神奈川へ出陣した。



前へ
永享記インデックスへ
次へ