永享記12

− 村岡の合戦 − 



 同七月一日、一色伊予守が武州北一揆を語らって利根川を越え、武州の一揆須賀土佐守入道の宿城に押し寄せて、これをことごとく焼き払った。須賀の郎党たちはしばらく城を守って討死した。

 この知らせが届いたため、同三日、庁鼻性順(上杉憲信)と長尾景仲(白井長尾)が成田の館に発向した。

 一色は少しも騒がず、東に向けて布陣し直して、しずかに敵を待ち受けた。

 やがて両軍が馳せ合わせ、追いつ返しつ土ぼこりを巻き上げて十数度にわたって戦った。一日じゅう戦い、夜になったので相引きになった。

 同四日、両者とも戦い疲れていたが、一色方に雲霞のごとく軍勢が馳せ加わった。

 味方に新たに加わったのは入西の毛呂三河守と豊島の清方の被官たちだけで、もってのほかの無勢であった。この軍勢だけでは勝てそうにないと退き気味になったところ、伊予守はこの様子を見て、「それっ、敵は退却するぞっ。どこまでも追い討ちして、討ち取れっ」と、荒川を渡って村岡川原に向かった。勝ちに乗った時はありがちなことだが、軍勢の手分けもせず、急ぎすぎたようであった。

 性順と景仲が軍勢を一手にして、新手を先に立てて魚鱗に連なり、蜘手十文字に駆け破ったところ、伊予守の軍勢は破られ、一度も返し合わすこともなく、手負いを助けようともせず、親子の討たれるのも顧みず、物の具を捨てて小江山まで退却した。そこから、ほうほうのていで落ちて行った。

 この合戦の様子を聞いて、修理大夫持朝が岩槻から後詰めの軍勢を出したが、合戦は終わってしまっていたため、そのまま引き返した。

 勝豊後守は逆徒に与したということだったので、同七月二十五日、足利の町屋で同名八人が持朝によって誅殺された。

 長棟庵主(上杉憲実)は、同七月八日に神奈川を発って野本唐子に逗留し、同八月九日、小山庄の祇園の城に到着された。

 その頃、信濃国の住人、大井越前守持光が御所方(鎌倉公方方)になって旗を揚げ、臼井峠まで押し寄せたという知らせが来たため、これを防ぐために上杉三郎重方が国分に陣を取った。上杉修理大夫は、相州警護のために相州高麗寺の下、徳宣に陣を取った。

 また、箱根別当、大森伊豆守はもともと無二の御所方だったので、結城の後詰めのために馳せ参ずると言われていた。これを防ぐために、今川上総介が平塚に陣を取り、蒲原播磨守は国府津の道場に陣を取って待ち受けた。

 上杉持朝と管領の清方は道中で軍勢を催しながら、同七月二十九日、結城に到着した。


前へ
永享記インデックスへ
次へ