永享記13

− 結城の籠城戦 − 



 結城城は天然形勝の地に築かれ、守備に適した要害である。そこに兵糧をたくさん用意して一騎当千の兵が立て籠もったので、力攻めでは落とせそうになかった。

 城には、結城中務大輔、同右馬頭、同駿河守、同七郎、同次郎、今川式部丞、木戸左近将監、宇津宮(宇都宮)伊予守、小山大膳大夫、子息九郎、桃井刑部大輔、同修理亮、同和泉守、同左京亮、里見修理亮、一色伊予六郎、小山大膳大夫の舎弟生源寺、寺岡左近将監、内田信濃守、小笠原但馬守以下の人々が、屈強な軍兵を多数率いて立て籠もっていた。

 寄せ手は、八方から押し包むようにして攻め寄せた。

 先手の総大将の清方は、諸卒を下知して陣を張った。西は上州一揆、北西は持朝を大将として安房国の軍兵、北東は京の軍勢と宇津宮新右馬頭、土岐刑部少輔、上杉治部少輔、小田讃岐守、常陸の北條駿河守、南東は、越後・信濃の軍兵、武田大膳大夫入道、南は岩松三河守、小山小四郎、武田刑部、武蔵一揆、千葉介、および上総下総の軍勢である。

 敵の陣と味方との間は、わずかに三町ほどであった。その間に大堀を二重に掘り、逆茂木を引いた。これは、城内に兵糧を運び込む通路を塞ぐためである。清方、持朝、千葉、土岐らの陣の前には、十丈あまりの高さの井楼を二重三重に組み上げた。

 しかし、城内では死生を顧みない者どもがここを先途と命を捨てて戦い、寄せ手は、功高く、高禄の大名どもが、ただ味方の大軍を頼むばかりで、これこそ我が一大事と思っている者はいなかったので、毎日の合戦に城方がいつも勝っていた。

 そのため城方がいささか機を得たとはいえ、寄せ手は日本半国の兵が四方を取り囲んでおり、城方はただ城一つのみで、結局のところどうにもなりそうにないため、籠城の張本人氏朝の弟の山内兵部大輔が降人となって管領の元に出て来た。これは、もしも戦いに負けた時に結城一門が絶えるのを嘆いて、結城の名跡を続かせようとしてのことのようであった。長沼の元にいて子細を申したため、お許しになって、在陣するよう申し付けた。

 管領の上杉兵庫頭が、太田駿河守を通して、諸大将に合戦に関する意見をお尋ねになった。

 宇津宮右馬頭は、

「結城のことは他国のことではありません。以前は一族・被官ともに昵懇にしていた間ですから、退治するのに他力を借りようとは思いません。しかしながら、このところ無勢になってしまい、その上この城に大勢が立て籠もったので、力及ばず、他国の軍勢が御発向することになってしまい、面目ないことです。急いで攻め寄せて味方に死人や手負いがたくさん出ると、古河や山川の御敵がそれに乗じて出て来るかもしれません。そうなれば、ゆゆしき御大事となりましょう。信濃の大井、甲州の逸見などがたとえ五百騎、千騎で後詰めに来ようとも、ここにいる軍勢で退治するのは容易でございましょう。攻めるのを遅らせて、敵の疲れた時に攻め寄せるのがよいと存じます」と、言った。

 長沼は、

「このたびの寄せ手は希にみる大軍ですから、総攻撃すれば外城を攻めるのはたやすいと思われます。しかし、先年、それがしは御所の御旗(鎌倉公方の軍勢)を向けられて小さな要害に立て籠もったことがありました。桃井・岩松以下の人々が七十日にわたって攻めましたが、それがしの手勢三十騎、上下合わせて百騎あまりで、たびたび戦いに勝ち、御敵は討たれました。このたびは、これほど広大な名城に数万の軍勢が立て籠もっていますから、山川以下を案内者にして、策をもって攻めるのがよいと存じます。ただ、短才の身でございますから、公儀に反対するつもりはございません。兎にも角にも御下知に従います」と、言った。

 京勢の仙波常陸介は、

「去年、永安寺での長春院殿(足利持氏)の御最期の時、ずいぶん四方を固めたにもかかわらず、この君たちが落ち延びてしまい、このような御大事に及んでしまいました。ましてこれほど大きな城では、戦いに紛れて二三人が落ち延びることもありましょう。そうなれば、再び御大事が起こらないともかぎりません。よくよくはかりごとをめぐらせて、急いで城を攻めるべきです。もし評定で延引するなら、必ず後悔することになりましょう。ただ、この場所は不案内なので、諸勢の詮議に従います」と、言った。

 城内の兵たちは、堅い守りの城を構え、数万石の兵糧を蓄えてあったので、機を見て駆け合わせて合戦をしても、また、立て籠もって戦っても、一年や二年では容易には落とされないだろうと、最初のうちは勇んでいた。

 鬨の声や弓矢の音が毎日やむことがなく、上は梵天四天王、下は黄泉金輪際まで響き渡るかのようであった。

 守りの堅い要害だったので寄せ手は城に近付くことができず、一方、城中の兵は四方を囲まれて気疲れし、軍勢も減ったため駆け合わせて合戦することもなく、城を出て落ちることもせず、双方互いに睨み合って対陣したまま、いたずらに時日が過ぎていった。


前へ
永享記インデックスへ
次へ