永享記14

− 結城落城 − 


 やがて、年が改まって翌永享十三年辛酉(1441)、嘉吉と改元された。

 四月十五日、大将の兵庫頭清方が諸軍に向かって仰せになった。

「昔から、敵の城を攻める時は対陣して二三年にも及ぶことはあるが、それは五百騎千騎での国内での諍いの場合である。このたび、日本半国の軍勢が向かって一つの城を攻めかねて、当地で数か月にわたって合戦に及び、いたずらに里人を煩わせているのは本意ではない。京都の公方も、きっと苛立たしく思し召しているだろう。このままでは、末代までの恥辱となってしまう。明日は吉日なので、総攻めにする」

 このように触れを出し、嘉吉元年(1441)四月十六日辰の刻から、旗をなびかせて兵を進めた。

 城内の兵どもは、もともとどのようなことになろうとも死を決していた者たちだったので、少しもためらわず、大軍の中に駆け入っては駆け散らし、鶴翼魚鱗に連なって、東西南北に寄せ手を駆け悩ました。

 馬の足を止めずに敵勢に駆け入ったため、朱に染まった無人の馬が数知れず馳せ回り、切って落とした敵が蹄(ひずめ)の下に散乱した。

 そうしたところ、何者の仕業か城の櫓に火が放たれ、風が強かったので、その火が城内に吹きかけて、城内の建物は一つ残らず焼け失せてしまった。城兵は煙にむせび、気を屈して退いたため、寄せ手はこの機に乗じて追いかけて攻め寄せた。退く途中の兵が難所に追い詰められ、城の東の切岸や川に追い込まれて討ち取られ、多数の者が水に溺れて死んでいった。

結城家御廟 一日の合戦で討ち取られた兵は数万人に及び、立て籠もっていた人々は一人も残らず討死した。

 写真は、慈眼院結城家御廟(茨城県結城市)。現在は五輪塔が並んでいるだけだが、かつてここには、結城家十六代政勝が創建した慈眼院という寺院があり、結城家歴代の廟所があった。各所にあった結城家歴代の墓を移してつくられたものと言われ、落城時に自刃した氏朝(十一代)の墓もここにある(いちばん右に写っている五輪塔が氏朝のもの)。

 総大将の安王殿・春王殿は、越後の大将長尾因幡守が生け捕りにした。籠輿に乗せて御上洛させることになった。

 その御弟で六歳におなりになったのを乳母がひそかに落としたてまつったが、伊佐の庄で小山小四郎が生け捕りにした。

 小山大膳大夫兄弟も城を落ちたが、長尾因幡守に虜にされ、これも京へ上らせた。

 同十七日、古河城を攻めるという触れを出したところ、野田右馬介以下の人々が結城を根城にして立て籠もった。しかし、落城の由を聞いて、寄せ手が近付く前に舟に乗って行方知れずに落ちて行った。矢部大炊介以下が城に残って、野田讃岐守に誅せられた。

 同十七日、このたび討ち取った首の着到を付けられ、実検を遂げられた。

 総大将の上杉兵庫頭清方は小具足だけを付けた姿でおいでになり、侍所の長尾出雲守憲景は紫下濃の鎧に鍬形の五枚兜、瀬下治部少輔景秀は黒糸の鎧を付け同じ毛の三枚兜に鹿の角を打っ立てて座に着いた。

「春王丸安王丸往生之地」春王・安王の墓 この両人を付役として、その他の伺候の人々が半袴で参上した。

 実検にかけられた首の一覧

 首を見た大名小名僧俗貴賎は、きのうまで言葉を交わし、互いに見知った朋友の首なので、涙をぬぐって悲しみ合った。

 大将分の首二十九を若君に添えて、五月四日、京都に送った。両佐々木が若君を濃州垂井の道場金蓮寺までお迎えになり、同五月十六日、御兄弟とも害したてまつった。御年十三、十二であった。

 写真は、岐阜県不破郡垂井町の金蓮寺にある「安王丸 春王丸 往生之地」の碑(左)と、垂井町御所野にある安王・春王兄弟の墓所(右)

 関東から上って来た首は、六条河原に懸けられた。

 若君の乳夫二人、徳利文左衛門と漆桶三四郎は、ともに出家した。


前へ
永享記インデックスへ
次へ