永享記15

− 成氏のこと − 


 こうして関東も鎮まったので、憲実はますます世を物憂く思い、徳丹・清蔵主の二人の子を連れて諸国修行にお出になった。

 三男の龍若丸を伊豆の国にうち捨てて旅に出て行かれたので、上杉の一門と家老が相談して、関東にも公方と管領が揃わなければ世が鎮まらないと京都に訴えたてまつり、信濃の住人大井越前守持光にかくまわれていた故長春院殿(持氏)の末の御子の永寿王殿を取り立てて元服させた。足利義教木像左兵衛督成氏と号す。また、龍若丸を元服させて管領とした。右京亮憲忠がこれである。

 憲忠は山内殿に移り、長尾家の長老たちが左右に連なって政務を補佐して、関東も静謐となった。

 そうしたところ間もなく、嘉吉元年(1441)六月二十四日、京都四職の一人で無双の出頭人であった赤松左京大夫満祐が逆心を企て、公方の普光院殿義教公を討ち奉った。

 写真は、等持院の足利義教の木像。義教は義満の子。初め青蓮院に入室して義円と称し、天台座主となる。義持が将軍の後継を決めずに死んだ後、籤(くじ)で将軍に選ばれ、還俗して第六代将軍となる。将軍専制を推し進め、その厳しすぎる政策が諸大名の不満と不安を招いて、赤松満祐によって殺害された(嘉吉の変)。将軍が大名に殺害されるというこの異常な事件によって、将軍の権威は失墜した。

 その事件の前に不思議なことが起こった。

 京都の室町殿の御殿のある小座敷に二寸ばかりの人形が多数現れて猿楽を始め、鵜飼いの能を囃し始めた。人々が不思議に思い、あまりの珍事に寄り集まって見ていると、その人形は散りじりになってどこかへ行ってしまった。そのうちの一つを捕らえて鳥籠に入れおいたところ、食べ物を知らず、そのまま飢え死にしてしまったという。

 それから間もなく赤松入道の館にお成りになって御遊びが始まり、猿楽たちが舞台に出て鵜飼いを囃し始めた。能がまだ終わらないうちに、隠してあった軍兵どもが切って出て公方を討ち取り奉り、天下は暗闇になり果てた。

 赤松は本国播州へ馳せ下り、自分の城に立て籠もった。

 細川、畠山、山名らが攻め下って赤松を討ち取り、義教公の若君の義政公を征夷大将軍に備え奉って天下は元のようになった。

 しかしながら、これは時節がすでに澆季に及んだしるしである。臣が君を弑し、子が父の敵となる世となって、下剋上の奴ばらが王侯貴人をも恐れず跋扈する時節が到来したとはいえ、持氏の御生害後、三年のうちに忽ち報いて京都公方も御生害に及んでしまった。これも因果というもので、おそろしいことである。

 関東の管領憲忠は若輩ではあったが、よく政道を執り行い、おのれを責めて徳を施したので、国は豊かで民は楽しんだ。

 憲忠は扇谷修理大夫持朝の婿だったので、持朝以下の御一門が政務を補佐したまい、国は静謐で十か年の春秋を送り迎えた。

 ところが、享徳三年甲戌(1454)十二月二十七日、公方成氏は、鎌倉西の御門で管領右京亮憲忠を誅殺された。これは、長春院殿持氏が憲実のために亡ぼされたことを思い、上杉一家を退治されて御憤りを散じるための御企てということであった。

 上杉の老臣で知謀無双の古つわもの、長尾左衛門入道昌賢がはかりごとをめぐらせ、この頃上杉民部大輔顕定が十四歳で越州におわしたのを呼び寄せ、上州に立て籠もって公方家と四年にわたって合戦に及んだ。

八幡神社(古河) ついに八か国の軍兵を退治して顕定を山内殿に移し、関東の成敗を司ることになった。やがて、執権を仰せ付けるとの御教書が京都から到来した。

 公方成氏はついに敗れて鎌倉を捨て、下総国下河辺庄古河郷に移り住みたまい、古河御所と称された。

 写真は、古河城ゆかりの八幡神社と大イチョウ(古河市本町2丁目)。古河城址は、大正時代におこなわれた渡良瀬川改修工事の際に破壊されて河川敷になってしまったため、遺構は現存しない。この八幡神社は、寛永十九年(1642)、それまで古河城内にまつられていたものを当時の古河城主土井利勝が古河城の鬼門よけとして遷したもので、大イチョウもその際に古河城内から移植されたものと考えられている。

 この時から関東はおおいに乱れ、三十年あまりの間、在々所々の合戦が一日も止むことはなかった。すべてを記せば、筆の穂もすり切れてなくなってしまうほどである。

 これ以来、山内殿顕定と扇谷殿(持朝の子の定政)の二人が、公方家とあるいは敵となり、あるいは味方となって、戦いの止むことがない。これによって、国は疲弊し、民は困窮し、年貢をも収めず、王化をも恐れず、利潤をもっぱらとして暴悪がまかり通ったので、「国土の滅亡すべき時節が到来した」と人々は嘆きあった。


前へ
永享記インデックスへ
次へ