永享記16

− 堀越公方の下向 − 


 京から御馬を出されて四海の波を静めようと、義教公の御子、勝鏡院殿政知が伊豆の北条に御下向になり、御旗を立てられた。関東中は申すにおよばず、伊豆・駿河・甲斐・信濃の軍勢まで馳せ集まり、草木もなびくほどであった。

 前もって、次のような御教書を下された。(以下、大意)

関東発向に際して出羽・陸奥両国の軍勢等に伝える条々

一.成氏の誅罰が未だにできていないこと。
 この敵は兵を発して不忠を差しはさみ、私曲を構えた。進発が遅れている一族は、すみやかに参ずるように。

一.大勢でも小勢でも出陣すること。
 それぞれの分限に応じて忠節に励むべきところ、御成敗が難渋しているので、出陣した者の交名を注進するように。

一.関東や隣国の士卒でありながら、遠国の者より出陣が遅れているのは、野心があるものと見做す。朝敵に与する輩は罪科を逃れられないであろう。

一.官軍に属していながら互いに遺恨を持つ一族もあるだろうが、宿意を捨てて融和し、忠功に専念するように。

一.参陣しながら大将の下知に従わず、我意に任せることのないように。

 戦功を立てれば、恩賞を与える。

寛正二年辛巳(1461)十月日


 こうして堀越殿は伊豆国に御座になって関東の両上杉が公方と仰ぎ奉った。政知卿が御逝去された後は、御子の茶々丸君を北条にとどめた。茶々丸君は、後に成就院と申し上げた。

 山内と扇谷の両管領は東海の掟を司り、関東の執権であった。中でも山内殿は上杉の総領で、長尾一家の長老たちが家を補佐して政務を執り行った。上州、越州、豆州、武州は分国なので言うに及ばず、その他、家来の領地も広大だったので、およそ二十万騎もの軍勢を持っていた。

 扇谷殿は上杉家の庶流で、分国も少なく、御家老も大軍は持っていなかった。山内上杉の家中の長尾の領地にも及ばなかった。しかし、小身ではあったが、大将の定政は知謀深い人だったので、諸家もこれを重んじ、万人が心を寄せていた。家老の太田備中守入道は、智仁勇の三徳を兼ね備えた人であった。主君は聡明で家臣は正しく、国は豊かであった。その配下の軍勢はいずれも義を専らにして天命を畏れ、国土は豊饒にして民は富み、佞人は自ずからいなくなって賢臣が集まったので、大家の山内上杉よりも人々が慕ったほどであった。

 古河殿は公方というのは名ばかりで、御牢人も同然で分国も持っていなかった。簗田・一色という家来が少々いたが、軍勢も領地も少なかったので、東国の成敗を司られることはなかった。しかし、そうは言っても、公方家の旧功を思う人々もさすがに多かったので、今さら上杉の下知に従うのも口惜しいと、上州・武州・両総州のあちこちで両上杉の軍勢と公方家の軍兵が国を争い、所領を奪いあい、挑み戦うことが際限なく続いた。


前へ
永享記インデックスへ
次へ