永享記17

− 応仁の乱 − 


「応仁の乱勃発地」の碑 関東はこのように乱れていたが、五畿内と西国は静謐であった。

 ところが、応仁元年丁亥(1467)五月二十六日、京都で合戦が起こって天下がおおいに乱れた。

 その原因を伝え聞くところによると、その頃の公方義政公に、御代を相続するべき御子が無かったため、浄土寺殿(義視)を還俗させたてまつって御養子とし、公方を相続させた。ところが、その後、実子の若子がお生まれになったので、公方はこれを取り立てて御代を相続させようと思し召した。

 御台所の御方から山名右衛門佐持豊入道宗全をお頼みになったため、浄土寺殿(今出川義視と号す)は管領細川右京兆勝元、京極、武田以下一味同心の大名を引率して謀反を起こした。山名入道と畠山義就以下は一味同心して若君(義尚)を取り立てようとしたため、京都で大合戦となり、洛中は焼け失せたという。

(写真は、京都市上京区の御霊神社の「応仁の乱勃発地」の碑。畠山家の内紛から、この地で畠山義就と畠山政長が激突。それに将軍家の相続争いがからんで応仁の乱が始まりました。写真をクリックすると、もう少し詳しい説明があります。)



前へ
永享記インデックスへ
次へ