永享記18

− 古河城のこと − 


 その後、世の中も治まって公方(将軍)も御代を続かせられたが、再び関東は乱れて、文明三年辛卯(1471)、関東の公方成氏は古河の城をも上杉に攻め落とされ、千葉介を頼んで千葉城にお移りになった。

 世は既に澆季に及んだとはいえ、今の武士の心根はただただ衰え行くばかりである。弓矢取りの本意は死を善道に守り、名を義路に失わないよう心掛けることなのに、わずかな欲心によって譜代の主君を傾け、少しの遺恨を憤って年来の恩顧を忘れてたちまち背いて敵となり、あるいは味方となる。

 等持院贈左府公(尊氏)が武将(将軍)となって以来、諸人は皆幾千万の恩顧を蒙りながら、持氏将軍の御運が尽き果てて御自害された後は、諸家はたちまちひるがえって鎌倉を追い落とし申し、あまつさえ古河城さえをも落とさせたまう。どんなにか口惜しく思し召されたことであろう。

 しかし、末世の濁乱に及ぶといえども、さすが日月までは地に堕ちていないしるしに、随従し奉る者も多く、その後、たびたびの合戦に勝利された。

古河公方邸跡古河公方邸跡 文明九年丁酉(1477)七月十七日、ついに君臣和睦となって、古河の城へ帰還された。その頃は、御年四十二歳であった。古河城の隣り、関宿の城に梁田中務大輔を配されて、成氏は故下河辺庄司行平の館として知られる古河城にお移りになった。その後、城の南の鵠の巣というところを御所とされ、京都との和睦もととのった。

 写真左は、古河公方の居館跡の遠景(茨城県古河市鴻巣。古河総合公園内)。手前の沼は「御所沼」と呼ばれ、居館跡は沼の向こうの林の中にある。
 写真右は、「古河公方館址」の碑。
 古河公方の館は御所沼に突き出た半島上に築かれており、「古河公方館址」の碑の奥には土塁と掘の遺構が残っている。古河城址が大正初めの渡良瀬川改修工事の際に破壊されたため、古河公方の時代の遺跡としては、古河公方館跡が今に残る唯一の遺構である。

 関東の権柄を御心に任せることはできなかったが、両上杉も八家も、古河殿と崇めたてまつった。いわゆる八家というのは、千葉・小山・里見・佐竹・小田・結城・宇津宮・那須がこれである。

 この古河の城は、その昔、源三位の御弓の師と聞こえた下河辺庄司行平以来代々居住されていた旧館である。

源頼政 城の南東の龍崎という所に、源三位頼政(一説に伊豆守仲綱)の廟がある。

 その由来を尋ねれば、三位入道が平等院において自害された時、この地の住人の下河辺三郎行吉という郎党がいた。頼政が、「首を討たれて、衰老の首を獄門にさらされる事が無念だ」と仰せになった遺言に従い、山伏の姿となってその首を桶に入れ、笈に納めて諸国修行した後、本国に帰って来た。この場所に笈を置いたところ、この笈が大きな石のように重くなって少しも動かなくなった。

 「これは不思議。この地にお住みになるという験(しるし)であろうか」と考え、この館の鎮守として祀り、社を建てて、金銀幣帛と豊富な礼物で善美を尽くして祭った。そうしたところ、日々新たな霊神感応があり、この城に凶事のある時はこの社が鳴動して、霊験あらたかであった。また、この社の前には菩提樹が生えるなど、奇特なことが多かった。

 左の絵は、月岡芳年『本朝勇武三十六撰』より、「源三位頼政の最期」。
 源頼政
(1104-1180)は摂津源氏の流れをくみ、保元の乱では後白河天皇側に加わり、平治の乱では初め源義朝に与したが、離反して平清盛についた。治承二年(1178)従三位に叙される。治承四年、以仁王を奉じて反平氏の兵を挙げたが敗れ、宇治の平等院で自害した。

 


前へ
永享記インデックスへ
次へ