永享記19

− 太田道灌・その1 − 


 扇谷の老臣、太田備中守資清入道道真は、武州都筑郡太田郷の地頭である。この人は若年の頃から文道に心を寄せ、政道を補佐し、武備をもって乱を治めてきたので、吹く風が草木を動かすごとく関東の諸将がなびき従った。

 道真の一男は鶴千代丸といって、世に隠れなき童子であった。

 九歳の頃から学窓に入り、十一歳の秋まで父の家に帰らなかった。蛍雪の功が積もって、これほどの学者は五山にもいないほどであった。十一歳の冬の頃、父入道に手紙を送ったので、父はようやく家に迎え入れた。

 その名が天下に知られるようになったため、「管領の重宝として政務を執るべき器量であろう」と山内殿が御所望になったが、扇谷殿は、「万金にも換えがたい」と言って、その鶴千代を召し寄せられ、しばらくして元服させた。太田源六資長と号し、後に備中守という。これが道灌である。

 写真は、JR山手線日暮里駅東口の「太田道灌騎馬像」。

 この人は十能七芸に心を寄せて、世に名を顕さないことは一つとしてなかった。しかしながら、和歌の道だけは父の入道に少々劣っているかもしれないとも世間では言われている。

 その後、学業に専念してもっぱら三徳を守り、和漢の記録に当たって賞罰是非を分明にし、善悪明察で慈悲をもって事にあたったため、諸将もこれを重んじた。はかりごとは張良が伝えた道を学び、陣を破るには孫呉の秘術を修得していた。

 扇谷殿は山内より分国が少なく、軍勢もわずかであったが、太田父子の善政を聞き付けて武功の者が数知れず集まり、武道に練達していない者は自ら身を引いた。こうして、他人も礼を学び、公方や管領も義を聞き、道を諮るようになったので、大名や高家もこれを重んじ、万民が注目するようになった。

 今のようなありさまなら、そのうち扇谷殿が上杉家の主となり、関東はすべてその下風に立つようになるだろうと人々が噂したので、山内殿の侍や越後の相模守房定も気を揉むようになった。

 その頃、資長は、「上杉が関東を治めて三十年余りになる。果報の深浅によっていささか国を治めるとはいえ、真実ではない。山内殿は大家とはいえ、昌賢の死後はかの一流も一人として善政を行った者はいない。欲心をつのらせて君臣の礼も考慮せず、ただ他国を我が物にしようとばかり思って貪欲になっている。国家の乱れる時は近いであろう。そうなれば当方に諸大名が従うことは疑いない。どうにかして名城を手に入れて大軍を籠め置きたい」と、思われた。

 資長は武州荏原郡品川の館に住んでいたが、霊夢のお告げがあったと言って、同国豊島郡江戸の館にお移りになった。勝れた名地で、四方を見下ろせるような山は無かったものの、入り海があって諸国往還の便があり、まことに目出度い場所だからと、この城を静勝軒と名付けた。康正二年丙子(1456)の年から始めて、長祿元年丁丑(1457)四月八日に完成したという。

 高台の上の建物は雲をしのぎ、松風の音は万歳を唱える響きかと思われた。白い峰が金屏風に映るさまは、千秋の窓から雪を見るようであった。林間から見える宝塔は、遠くの寺を描いた一幅の絵画のようであった。釣船が芦辺に浮かぶさまは、帰帆を描いた西湖十景と見まがうばかりであった。この城からの景色をもとに、五山の名僧が詩をつくっている。

景臣

兵鼓声中築受降 聞君延客日臨窓 風帆多少載詩去 吹雪士峰晴堕江

龍澤

籍々威名関以東 又知天下有英雄 鼓声不起城辺静 駆使江山入殻中

景三

江戸城高不可攀 我公豪気甲東関 三州富士天辺雪 収作青油幕下山


 見る人、聞く者は、賞嘆の声を上げずにはにはいられなかった。

 太田資長は、この年二十五歳までに多数の城を攻め取ったが、この城に勝る城は無いと、櫓に上って四方を眺めて一首の和歌を詠んだ。

我が庵は松原遠く海近し 富士の高嶺を軒端にぞ見る

 この歌にちなんで、江戸城のこの櫓を富士見亭と号す。

 


前へ
永享記インデックスへ
次へ