永享記20

− 太田道灌・その2 − 


 長祿元年(1457)、管領広感院殿(扇谷上杉持朝)は十四歳でおわしたが、太田入道に命じて武州河越の南仙波城を今の河越三芳野郷に移し、要害の縄張をさせて城を築かせた。

 北には、この城の鎮守の三芳野太政威徳天神の宮がある。これを三芳野天神という。いつの御代からか御垂迹されて、いかなる霊感の故か、御神体は銅の五本骨の扇が納められている。御宝前の飾りも、みな扇の絵が書かれている。神秘のことがあるのかは知らないが、風をなびかし炎暑を追いやることができると、この城の周囲には霊陽の北院中院といって三十余りの寺が甍を並べている。このような場所に建てられたゆゆしい城である。

 川越城本丸御殿。現在の建物は、嘉永元年(1848)に松平大和守斉典(なりつね)が造営したもの。  川越城の鎮守の三芳野天神。川越城の天神曲輪にあり、周囲には土塁が巡らされています。境内にあった案内板によると、わらべ唄「通りゃんせ」は、この天神様の参道の細道を歌ったものだそうです。

 ある書物には、文明年中、道灌が河越と同じように江戸城にも仙波の山王を城の鎮守として崇め、三芳野天神を平河に移されたと記されている。

 文明十年戊戌(1478)六月五日、日河社になぞらえ、津久戸明神を崇められた。また、神田の牛頭天王と洲崎大明神は安房洲崎明神と一体で、武州、神奈川、品川、江戸、いずれもこの神を祭っている。平親王将門の霊を崇めたてまつったのが神田明神と言う人もいる。

 また、城の東の浅草寺は推古天皇の御宇、定居二年戊子に建立された。仏法最初の霊場にして、関東無双の霊験あらたかな観音である。

 この道灌を、人々は太公望の再来と呼んだ。

 文明八年丙申(1476)四月二十三日、豊島合戦では、平場の合戦で敵二百騎余りを五十騎で破り、同十年戊戌(1478)正月五日には、平塚の城の七百騎余りを五十騎余りで攻め落として、三百余騎の首を取った。

 同十一年己亥(1479)七月十五日、下総国白井城を攻めた時は、鴻台に初めて城を構え、七十騎余りで二百騎余りの敵を攻め落とした。

 文明十五年癸卯(1483)十月五日、上総長南城を攻め落とした時、味方の旗の上に二羽の山鳩が飛来して羽を休めたのは不思議なことであった。

 これらはとても凡夫の仕業ではなく、きっと摩利支天の生まれ変わりに違いないと、人々は奇異の思いをなしたという。



もともとの「永享記」はここで終わりで、次のページ以降は
「東乱記」から後補されたものと考えられています。



前へ
永享記インデックスへ
次へ