永享記21

− 太田道灌の最期 − 


 政治が乱れた時は忠臣が多く、政治が良い時は乱子が多いものなので、上杉家の出頭人、評定の輩どもは、太田入道が扇谷の執事として万事任せられていることを嫉み、わずかなことでも挙げつらってたびたび讒言した。

 しかし、扇谷殿定政は、「道灌でなくて誰が天下の乱を静めることができようか」と思われて、少々の過ちは耳にお入れにならず、ただ佞人や讒者が世を乱そうとするのを悲しむばかりだった。そこで、道灌も無事に職務に励んでいた。

 そうしたところ、道灌は江戸と河越に城を構え、その普請に心をわずらわせてしばらく出仕しないことがあった。讒臣どもは「これは良い隙」と喜んで、「道灌父子は山内殿を退治しようと思って要害を構えているに違いない」と、山内殿に申し上げた。

 山内から扇谷に相談があり、定政はおおいに驚いて、「もしも事実ならば、一家不和の基。国家乱逆の端緒であろう」と、たびたび使者を下された。

 道灌父子は、「堅子はかりごとを共にするに足らず。最近、当家の不才庸愚の者が政務を争い真実を乱しているが、そのうち讒者の糾明も行われよう。ただ忠功に励んで死を賜り、衰老の屍をさらしたとてかまわない」と、何も陳謝しなかった。

 これによって讒臣がしきりに訴えたため、文明十八年丙午(1486)七月二十六日、扇谷殿定政は相州扇谷へ御馬を立てられ、道灌を退治されることになった。山内殿顕定も加勢として鉢形の城から高見原まで旗を出された。

 道灌入道も討って出たので、槍で突き倒して首を取ろうとしたが、道灌はその槍の柄に取り付いて、

かかるときさこそ命の惜しからめ 兼ねてなき身と思ひ知らすは

 ただ忠のみあって罪科のなかった道灌が、讒言されて百年の命を失ってしまった。「朝に恩を受けて夕に死を賜う」と白居易が書いたのも理である。

 道灌の馬廻りの斎藤加賀守安元は分別、才覚、軍法、故実にすぐれていたため、定政の元に召し出された。河越には朝良の執事の曾我兵庫頭を籠めおき、江戸城には同豊後守を居住させた。



前へ
永享記インデックスへ
次へ