永享記22

− 山内上杉と扇谷上杉の不和 − 


 翌年改元があって、長享元年丁未(1487)となる。

 そのころ山内顕定と憲房が相談して、扇谷修理権大夫定政を退治することになった。道灌の子息の太田源六郎は甲州に忍び出て山内殿の下知に従い、軍勢を催した。関八州の大名や小名は、道灌がいた頃は扇谷殿に志を寄せていたが、今となってはどうして扇谷殿の元に参上する必要があろうかと、みな山内殿の元に馳せ参じた。

 定政と朝良は糟谷におり、河越には曾我を籠め置き、小田原には大森式部少輔を置き、わずか三百騎ばかりで八か国の大軍を攻め破ろうと、少しも騒がず待ち受けた。

 定政は使者を古河の公方の元に遣わし、「太田入道は当家に無二の忠功を積んできましたが、山内上杉に対して逆意の企てがあったため、誅罰を加えました。ところがこのたび山内は当方を退治しようとしています。どうして一家の誼を忘れて定政を討とうとするのか心得がたく存じます。関東八か国の滅亡の基ともなりましょう。たとえ山内が当方を退治しようとしても、御所は正しい理にしたがって、当方に御下知くださり、援助していただけると信じております」と言葉を尽くして申し上げた。

 古河公方政氏は御納得されて、定政の御加勢のために御動座されたので、上杉の譜代の老臣長尾左衛門尉景春入道伊玄が定政の元に馳せ参じた。これを初めとして、左右に良臣ですぐれた義士がいたので、「たとえ味方は小勢で敵は何万騎いようとも恐れることはない」と、定政は気色変わらぬ様子であった。

 長享二年戊申(1488)二月五日、顕定・憲定を両大将として、山内の軍勢一千騎余りが相州実蒔原に出陣した。定政はわずか二百騎の兵を率いて長い道のりを丸一日で馳せ向かい、少しもためらわずに鬨の声を三度あげて敵に襲いかかった。

 追いつ捲りつ半時ばかり戦って、両陣が南北に入れ替わって戦場を振り返ると、原野は血に染まり、山林の色も変わるほどであった。

 しばらく休んでからまた入り乱れて縦横に戦ったが、ついに山内の大軍は扇谷の小勢に敗れ、散りじりになって落ちて行った。

 定政は小勢で大軍に勝って喜悦の眉を開き、凱歌を唱いながら帰って行った。



前へ
永享記インデックスへ
次へ