永享記23

− 高見原の合戦 − 


 その後、処々の合戦が絶えることなく、昼夜の区別無く戦った。

 中でも、長享二年戊申六月八日(1488)、山内殿上杉民部少輔顕定と同兵庫頭憲房が須賀原に出陣した時は、坂東八か国の軍勢が我も我もと雲霞のごとく馳せ集まって堅固に布陣し、甲冑の光が夜明けの空の星のように輝きわたった。

 扇谷殿上杉修理大夫定政と子息朝良は古河公方の御動座を願って御旗を打ち立てた。長尾景春入道も参陣して、「小勢ではあっても家の行く末、身の浮沈をこの一戦で決しよう」と各々勇んで進軍し、敵が東西にあっても眼中にないかのようであった。

 ところが定政の弟と子息五郎朝良は若輩で、その日が初めての合戦だったため、真っ先に長尾新五郎と同修理亮に駆け合わせてさんざんに追い立てられてしまった。そこに顕定と憲房が横合いから攻めかかって追い立てた。

 これに機を得て全軍が抜き連れて攻めかかろうとした時、定政が高所に馬を上げて、「追い返せ」と下知しながら逆に攻め寄せた。それを見て左右の軍勢が大将の前に駆け抜けて、一斉に切ってかかった。

 戦いの喚声と叫び声が、武蔵野中に響き渡るほどであった。

 そうしたところ、長尾伊玄入道(景春)が藤田と駆け合わせてこれを追い散らし、そのまま軍勢を横に立て直して山内殿の旗本に突入した。

 顕定と憲房は正面と横から敵に攻め寄せられて、ついに敗れて引き退いた。

 その後、定政は公方の御動座を願った上で、高見原に出陣した。顕定は、それを聞いてただちに攻め寄せて戦った。

 扇谷の先手の軍兵は駆け悩まされて退きかかったが、そこに定政と伊玄入道が新手に入れ替えて攻め立てたので、顕定の兵は戦い疲れて引き退いた。

 このように扇谷殿は戦うたびに勝っていたが、人馬は皆疲れ、若党も数知れず討たれてしまった。山内方はいずれも大名高家で分国も広く、たくさんの軍勢を持っていたので、たとえたびたびの合戦に負けたとはいえ、重ねて大軍を催せばたやすく扇谷殿を退治できそうであった。



前へ
永享記インデックスへ
次へ