永享記24

− 北条早雲の蜂起 −


 ここに、伊勢平氏葛原親王の末裔、伊勢新九郎長氏入道宗瑞という人がいた。

 備中国の住人であったが、壮年の頃から京へ上って公方に奉公していた。

 少年の頃から釣りや猟を好んで身を山林河海に寄せ、馬で悪所を降り、岩石を越えるのが得意であった。造父が馬をあやつると千里を乗っても疲れを知らなかったというのも、これには及ばないと思われるほどであった。

 水練は憑夷の道を学んで、龍の珠をも奪えるほどであった。弓は養由のごとく、弦を鳴らせば遥かな樹木に住む猿でも落とすことができた。弓術に巧みで人を手懐け、気は健やかで撓むことがなかったので、戦場に臨むたびに堅固な陣に当たり、強兵を破って敵を靡けさせないということがなかった。

 似た者が友となるもので、その頃伊勢国で荒木、山中、多目、荒河、佐竹、大道寺、そして早雲、以上七人はいずれも劣らぬ人々であった。これらの勇士は日頃から親しんで遊んだが、ある時、七人で一緒に関東へ弓矢修行に下ることになった。

 七人は、「この七人はどんなことがあっても不和となってはいけない。互いに助け合って軍功を励まし、高名を極めよう。もしもこの中の一人が大名となったら、残りの人々は家来となってその一人を助け、国を治めよう」と神水を飲んで誓い合い、それぞれ東国に下って思い思いの大名に仕えた。

 伊勢守新九郎は駿河の国司今川氏親に仕えた。たびたび戦功を上げたので、今川殿はその功を賞し、富士郡下方の庄を賜った。まず、高国寺城を居城とし、その後、長享二年戊申十月、韮山に移った。

 この時、伊豆国は上杉の分国であった。さいわい高国寺から近かったので、なんとかして伊豆国を取りたいと、宗瑞は常々思っていた。

 その頃、伊豆国に堀越城御所といって、公方がおわした。政知の御子、成就院(茶々丸)がこれである。その御所に、外山豊前守、秋山新蔵人という忠功の者がいたが、佞人放埒の奸臣どもが彼の出世を妬んで讒言したところ、御所の御運の尽きで、御糾明もなく両人をお討ちになった。

 家中の面々はおおいに驚いて、それぞれ警戒し合って国中が静かではなかった。

 早雲が伊豆国に湯治に行って形勢を見たところ、両上杉の合戦のために伊豆国の軍兵や御所侍どもは皆関東に発向し、残る人々はわずかであった。早雲はおおいに喜び、例の荒木、山中、大道寺、多目、荒川、佐竹の兵を呼び寄せた。今川殿にもこの旨を申し上げて加勢を請い、急いで伊豆に発向した。

 御所方では突然のことだったので、「立て籠もる兵も無いのにどうしようか」と驚いて、山林に逃げ込んだ。御所の侍の関戸播磨守が名乗りを上げて切って出てしばらく戦ったが、ついに討ち死にしてしまった。その後、堀越殿もかなわず自害されたので、早雲は伊豆へ移って北条に旗を立て、韮山に在城して家を興し、その後の五代の栄耀を開いて武勇の名を残すこととなった。

終 

 鎌倉大草紙の後半には、結城合戦以降の関東の情勢が、もっと詳しく記述されています。そちらもどうぞ。


前へ
永享記インデックスへ