現代語訳 永享記  



 「永享記」の現代語訳です。「鎌倉大草紙 (前半)」の次の時代が描かれています。

 上杉禅秀の乱のあと、鎌倉公方足利持氏は幕府に対する反抗を続け、諌言する関東管領の上杉憲実と対立。永享十年(1438)、ついに幕府の征討を受けて、持氏は翌年自害するに至ります(永享の乱)。

 その後、永享十二年(1440)、結城氏朝・持朝父子が持氏の遺児を奉じて旗を揚げ、結城城に立て籠もる鎌倉公方恩顧の一族たちと、それを攻囲する管領・幕府方が戦いを繰り広げます。半年以上にわたる籠城戦の末、結城は落城(結城合戦)。

 宝徳元年(1449)、助命された持氏の末子、足利成氏(しげうじ)が鎌倉公方に就任。これで関東に平和が訪れるかと思いきや、成氏は上杉と対立して、関東管領の上杉憲忠を殺害。

 関東には、果てしない戦乱が続いていきます…。

 

 永享記
   
永享記1 鎌倉公方の系譜
永享記2 鎌倉公方と関東管領の不和・その1
永享記3 鎌倉公方と関東管領の不和・その2 PHOTO(足利持氏血書願文)
永享記4 三浦介逆心
永享記5 箱根早川尻の合戦
永享記6 鎌倉の合戦・その1
永享記7 鎌倉の合戦・その2
永享記8 持氏の出家
永享記9 持氏・満貞の自害PHOTO(報国寺)
永享記10 憲実の出家PHOTO( 国清寺)
永享記11 結城籠城PHOTO( 結城城址)
永享記12 村岡の合戦
永享記13 結城の籠城戦
永享記14 結城落城 PHOTO(結城家御廟、安王春王往生地)
永享記15 成氏のこと PHOTO(足利義教木像、古河城ゆかりの八幡神社)
永享記16 堀越公方の下向
永享記17 応仁の乱 PHOTO(応仁の乱勃発地)
永享記18 古河城のことPHOTO(古河公方館址)(月岡芳年「源三位頼政の最期」)
永享記19 太田道灌・その1 PHOTO(太田道灌騎馬像)
永享記20 太田道灌・その2 PHOTO(川越城址)
永享記21 太田道灌の最期
永享記22 山内上杉と扇谷上杉の不和
永享記23 高見原の合戦
永享記24 北条早雲の台頭

結城落城後の関東については、鎌倉大草紙の後半に、もっと詳しく記述されています。


鎌倉大草紙(前半) | 永享記 | 鎌倉大草紙(後半)

入り口へ戻る