唐沢城老談記1

− 新田・足利・小俣 と佐野・桐生の対立 − 

 下野国安蘇郡佐野根古屋唐沢の城主は、太政大臣大織冠(藤原鎌足)より三十九代の孫、佐野小太郎修理太夫宗綱公で、智仁勇の三徳を兼ね備えた目出度き大将であった。

 御兄弟は五人で、弟は四人。天徳寺、遊願寺、虎松殿、そして、もう一人は桐生へ御養子に出て桐生家を継がれていた。

 お家の侍のうち、富士下野守、同源太左衛門は御一門で、そのほか、大秡(大貫)越中守、山上道及、竹沢山城守、津布久弾正は佐野四天王と呼ばれていた。その他、諸侍が日夜忠義を尽くして出仕していた。

 さて、管領上杉憲政公は武州川越の夜戦で北条氏康に敗北されて越後へ退かれ、その後は関八州の城主は思い思いに長尾謙信公、武田信玄公、佐竹義宣公、里見義胤公の旗下に属し、それぞれ人質を出して出仕していた。小幡、松枝などは信玄公の旗下になり、また、上野国の利根・総社より北と下野国の宇都宮より北は謙信公の旗下、小山より東は佐竹義宣公の旗下となっていた。

 しかし、佐野宗綱公と、新田由良信濃守殿、足利・館林の城主長尾但馬守殿、小俣の城主渋川相模守殿、桐生の城主桐生大炊助殿の五人の城主は、どこへも人質を出していなかった。

 由良と長尾は御兄弟で、渋川は長尾の伯母婿なので、互いに懇意にしていた。新田・足利は小田原の氏政公寄りで、家老を名代として遣わし合っていた。

 佐野殿と桐生殿はもともと御一族で、その頃は御兄弟であった。この両家は謙信公寄りで、「上州・武州方面を任せおく」と謙信公に言われており、その後、虎松殿を謙信公の養子にしたので、なおさら昵懇にしていた。

 由良・長尾・渋川は、佐野・桐生とたびたび合戦をしていた。日頃から譜代・給人は領地の境界を争い、百姓らは馬草場を争い、城主の下知を待たずに、夏は麦の早苗を掘り、秋は作物を荒らし合った。

 濫妨狼藉を防ぐため、境界には要害を構え、物見の番所を据え、そこを守る郷人には十貫十五貫の割り符を取らせ、郷一揆と名付けていた。また、歩弓の者には、二貫三貫の割り符を取らせ置き、それぞれの番所の近くの五郷七郷がその番所の担当になり、番所で鐘や貝を鳴らしたら近くの者どもが番所に馳せ集まることになっていた。また、村々で鐘や貝を鳴らしたら、城付の与力・歩弓人は本城へ馳せ集まることになっていた。このほか、いろいろな合図を定めてあり、合戦が始まった場合の妻子の置き場所や兵糧輸送のてはずも整えてあった。

 足利・館林から佐野に攻めて来た時は、佐野は佐竹殿と懇意にしていたので結城・小山・下館から後詰めがあり、逆に佐野から足利・館林を攻めると、由良殿が足利・館林に加勢して御詰めした。桐生から新田に攻め寄せると、足利が新田に加勢した。

 桐生と佐野殿の領地は山で隔てられており、そのうえ、足利との領地が入り組んでいるので、桐生と佐野は兄弟とはいえ桐生の御詰めは難しかった。そこで、由良殿と桐生殿が広沢や吉沢で合戦に及んだ時は、謙信公の御支配の地である沼田や高崎が桐生に加勢した。



次へ 次へ

佐野城老談記インデックスへ