唐沢城老談記2

− 謙信との手切れ − 

 謙信公が足利・佐野を巡視するために御出馬になった際、宗綱公の元を御訪ねになり、唐沢の城(唐沢山城。栃木県佐野市)の御本丸にお入りになった。三日間御逗留になって、能を御見物になった。この時、虎松殿を御養子にして、越後へ同道された。

 その後、子細があって宗綱公と謙信公は手切れになったが、その際、謙信公は、「今後、佐野と敵対することになるので、そこもとが安心できるように」と言って虎松殿を佐野にお返しになった。

 謙信公と手切れになったのは、次のような事情のためである。

 宗綱公の御舎弟の天徳寺と遊願寺の両人は、武者修行のために諸国を回っていた。その頃、天徳寺は秀吉公の元におり、遊願寺は武田信玄公の元に滞在していた。

 遊願寺はいつも腰の紅の袋に砥石を入れており、合戦で首を上げるたびに、その砥石で寝刃(ねたば)をつけていた(刀を研いでいた)。信玄公から本国名字を尋ねられたが、遊願寺は、「合戦の場数を踏んで、もっと手柄を立ててから申し上げます」と言って、お名乗りにならなかった。

 さらに数度の合戦の後、信玄公が再びお尋ねになったので、「佐野宗綱の弟で、遊願寺と申す者でございます」と、名乗った。

 すると信玄公は、

「かねてから名を聞いていたことのある侍ではないか。その実名を聞いてしまったからには、千貫以下で召し抱えるわけにはいかない。しかし、それがしの家には、貴公に劣らぬ譜代相伝の侍が大勢いて、いずれも三百貫五百貫しか取らせていない。貴公が大将と頼むべき者は、今の世にはそれがしの他には越後の謙信ぐらいしかおるまい」と言って、太刀・御馬・砂金などをくださり、越後へ行くことをお勧めになった。

 そこで、越後へお越しになると、謙信公に千貫で召し抱えられ、与力と歩弓を預けられ、謙信公は遊願寺を自分の長刀の師範とした。

 ある時、遊願寺が槍の試合をしたところ、槍使いを討ち取ったので、謙信公はますます遊願寺をお気に入りになった。

 ところが、直江山城守の子息がその槍使いの弟子だったため、それを遺恨に思ってか、あるいは、山城守は知謀の深い者だったので、遊願寺が信玄公の元から来たことを疑ってか、いろいろと謙信公に訴えたため、遊願寺は切腹を申し付けられてしまった。

 このことがあってから、宗綱公は謙信公のことを恨んで越後に使者を送らなくなった。それによって、虎松殿は越後から佐野へお帰りになった。虎松殿は、佐野にお帰りになって間もなく御病死された。



前へ 次へ

佐野城老談記インデックスへ