唐沢城老談記4

− 小田原勢の来襲 − 

 榎本と藤岡の城主はたびたび合戦に負けて残念に思い、小田原に、

「佐野宗綱との合戦では、それがしども両人は軍勢が少なく、足利がこちらに加勢しようとしても佐野領と入り組んでいるため加勢してもらえません。宗綱は軍勢が多く、そのうえ、結城・小山・壬生・皆川も宗綱に加勢するため、敗軍に及んでしまいます。このうえは、御出馬になって、佐野をお攻めくださるか、御人数を遣わされてください」と、申し遣わした。

 間もなく小田原が御出馬になり、佐野唐沢の城に数万の軍勢で押し寄せて来た。

 小田原勢は大手から攻め寄せようと相談したが、「大手は切り立っていて、山の峰から大石や大木を投げ落とされて先年攻めあぐんだことがある」ということで、富士口から攻めることになり、富士山に陣を取った。その頃、氏直殿のことは関八州で屋形殿と呼んでいたので、陣場にした場所を「屋形山」と呼んでいる。

 氏直公は諸軍勢に、「明日の卯の刻に出馬する」と仰せになった。

 富士山へは御旗本勢、老中、譜代の侍だけで弓や鉄砲を打ちかけて攻め寄せることになり、大手口は伊勢大和守と多米伊勢守を惣奉行として、忍、深谷、岩槻など武蔵・上野の軍勢数万騎で、唐沢大手口前川原に押し寄せた。

 宗綱公も諸軍勢に下知して、まず、富士源太、竹沢山城守、細野次郎左衛門、山越才吉、稲垣淡路守、葛生縫殿を大将として、結城・下館勢で富士口の木戸や谷々を歩弓と鉄砲でかためた。大手口前川原には、山上道及、津布久弾正、大秡越中守を大将として、赤見六郎、戸室才蔵、青山権八、佐野原左京などのほか壬生・皆川勢を入れて固めた。

 大手口、富士口とも三日間合戦した。二日目の合戦では二三の備えまで突き崩されたものの立て直して、結局、三日とも合い引き(引き分け)であった。



前へ 次へ

唐沢城老談記インデックスへ