唐沢城老談記5

− 境七在郷の取り合い − 

 稲岡村、西場、駒場、只木、寺岡、村上、羽田村の七か所は境七在郷といい、もともと佐野領で、代々御支配の村である。長尾殿は小田原と同心して、それに新田・飯野・館林が加勢し、この七か所の村をたびたび宗綱公と取り合った。毎年のように合戦したが、宗綱公は一度もおくれをとったことが無かった。

 ある時は長尾殿は只木山に陣を取り、宗綱公は寺岡村岡崎山に陣をお取りになって、出流川を隔てて合戦した。またある時は、足利領の八椚で合戦した。

 猿田の合戦では、長尾殿は旗本までさんざんに突き崩されて、是非なく足利の古屋の城まで退かれた。佐野勢はそれを追いかけ、大将宗綱公も古屋の城の八幡曲輪まで追いかけて、町中の侍屋敷まで焼き払って勝利された。そこに、新田・館林の勢どもが駆けつけたので、当方は軍勢を引きあげた。



前へ 次へ

唐沢城老談記インデックスへ