唐沢城老談記6

− 免鳥の合戦 − 

 その合戦の遺恨か、翌年、「長尾殿の手勢と新田・館林・飯野の加勢が佐野領に押し寄せた」と、福地出羽守が早馬で知らせてきた。それを聞いて鐘や貝を鳴らしたので、佐野勢も間もなく馳せ集まった。

 宗綱公が御出馬になり、さっそく免鳥の城に押し寄せた。佐野勢の先手の山上道及、富士源太、その他六十騎ばかりが駆けつけると、免鳥の城主の高瀬紀伊守は既に討ち死にして、長尾殿に城を奪われていた。

 間もなく残りの軍勢も押し寄せて、佐野も足利も、「ここが勝負どころ。身を野原の塵土とするのはこの合戦だ」と戦ったため、双方とも手負いや死人が数知れず出た。

 戦いの半ばに、足利方から大将とみえる騎馬武者が現れて、「佐野方の名ある武者と組まん」と馳せまわったが、強気な者とみえたので、佐野方では近付く者がいなかった。

 それを見て、山上道及が馳せ向かい、槍での一騎討ちが始まった。

 道及は槍の上手だったので、その武者はかなわないと思ったのか馬に鞭当てて引き返した。道及はすかさず追い詰め、村上虚空蔵の前の深田に追い落とし、そこでその武者を討ち取った。武者の名はわからなかったが、物頭のようだった。

 足利方ではこの様子を見て、「山上道及は鬼神か」と、近付く者もいなかった。

 そこに武州忍、私市、羽生の勢が加勢してきたので、宗綱公も攻めあぐんで唐沢本城にお引きあげになった。

 城に帰って山上道及、大秡、赤見太郎、富士源太、津布久などを召され、

「このうえは、結城、小山、下館、壬生、皆川、宇都宮の六か所に使いを送って加勢を請い受け、大軍で討ち取るか、負けたふりをして館野のあたりまでわざと退き、富士口から犬伏、天明へ軍勢を回して横槍を入れ、歩弓・鉄砲を撃ちかけ、誰か二人は小中村と木村から歩弓、鉄砲で横槍を入れ、三方から攻め込もう」と御相談されたが、家老衆が少々不和だったため思い思いのことを言い、相談がまとまらず、六か所に使者を送るのは取り止めになった。

 それから間もなく、山上道及は宗綱公にお願い申し上げて、武者修行の旅に出てしまった。

 免鳥の城には長尾殿の家来と館林の勢が入り、城外にも柵をつくって、用心厳しく守りをかためた。境七か村は、この時に足利の支配となった。長尾殿の御家来の浅葉左衛門、同甚内という者が免鳥の城代になったという。



前へ 次へ

唐沢城老談記インデックスへ