唐沢城老談記7

− 免鳥攻め − 

 宗綱公は免鳥の合戦を余りに残念に思し召し、家老衆に仰せになった。

「聞くところによると、長尾は免鳥の城や境七か村の巡見のために時々只木山に出て来るという。もし本当なら、忍びの者を一人出して、長尾が只木山に参るのを見届けさせようと思う。そして、天海佐渡、椿田、福地出羽、同帯刀は免鳥の近くにいて、あのあたりのことは在々所々の小道まで知っているので、彼らに歩弓郷人を付けて免鳥寺岡の野に出して、麦や早苗を荒らさせよう。そうすれば免鳥の城から討って出るだろうから、大秡越中、赤見六郎を大将として朽網、戸奈良、その他の侍五十騎ばかりで免鳥の城を押さえよう。長尾も只木山から討って出るだろうから、わしが足黒に潜んでいて、長尾が出てきたら突然押し寄せて討ち取ってくれよう。これは大軍ではうまくいかないだろう。」

 そこで、先手として富士源太、阿部主計、山越才吉を初めとして、葛尾縫殿助、戸室才蔵、野代豊後、清水右京、川田右近、青山権八、早川大和、大川右衛門、関口土佐、稲垣淡路、亀田主水、岩崎平治、川崎加賀、小曾根外記、門叶信濃らに馬を添え、その他百騎ばかりに仰せ付けになった。竹沢山城、小野兵部、同長門、津布久弾正などは、居城の守りのために残すことに決まった。

 天正年中四月二十一日、長尾殿が只木山に出て来たのを忍びの者が見届け、唐沢本城に報告したので、かねて御用意のことだったので御出馬になり、足黒村にお忍びあそばされた。先の者に指図されて、歩弓郷人らに馬草のためといって作物を刈らせた。

 すると、思ったとおり長尾の物見の者が只木山や免鳥に知らせたので、免鳥の浅葉左衛門、同甚内兄弟が討って出た。只木山の長尾殿も御立腹になって、馬廻り上下百五十人ばかりで「一人も残さず討ち取れ」と采配を振るった。

 そこに宗綱公が足黒村から寺岡に発向された。大秡、赤見、朽網、戸奈良は免鳥の城へ押し寄せ、なんとか浅葉兄弟のうち一人だけでも討ち取ろうと攻め戦った。

 宗綱公は長尾を討とうと思し召し、命を限りとお攻めになって、長尾の旗本を突き崩した。長尾殿は、「宗綱公の軍勢の様子では、今日を限りというつもりのようだ」と思し召し、さっさと足利に引きあげてしまった。そこで、宗綱公も是非無く、免鳥を攻めていた者どもと一緒に唐沢本城に引きあげた。



前へ 次へ

唐沢城老談記インデックスへ