唐沢城老談記8

− 小野兵部、討たれる − 

 天正十四年十二月十日のことである。

 長尾殿が家老の小曾根筑前に、「彦間の小野兵部の家来に下総という者がいる。そのほうは、何とか彼をだまして兵部を討ち取れ。そうすれば、下総も引き立ててやり、佐野の押さえのために、そのほうを下総と一緒に彦間に差し置くことにする。謀計をめぐらして討ち取れ」と、ひそかに仰せになった。

 小曾根はそれを引き受け、まず下総のもとに、「隠密に少々内談いたしたい義があるので、そこもとの御都合の良い時においでください」という懇ろな手紙を送った。

 下総も何ごとかと思ったが、「敵方からこのような手紙が来たからには、行かなければ臆病者と言われよう」と、すぐに小曾根のもとを訪ねた。

 小曾根筑前がいろいろ御馳走した上で例のことを話すと、下総もしばらく思案していたが、「侍は渡り者。兵部の家来では結局のところ佐野の陪臣でしかない。この相談を引き受ければ、長尾の家来になれる」と、小曾根に申し出を引き受けることにした。

 そこで相談して、十五日に兵部兄弟を招き、接待のために風呂をたてて、小曾根も台所に隠れて風呂の中で討ち取ることにした。

 兵部と長門はこんな計略があるとは知らず、下総のところにおいでになった。そして、小曾根と下総は計画通り風呂の中で兵部兄弟を討ち取って、長尾方へ注進した。

 兵部の内室と老母は涙ながらに逃れて唐沢本城に落ちたので、宗綱公を初め座中の侍も涙を流されたという。



前へ 次へ

唐沢城老談記インデックスへ