唐沢城老談記9

− 足利攻め・その1 − 

 天正十四年十二月十五日、宗綱公が、富士源太を初めとする御家中に仰せになった。

「今度の元日に旗本の勢だけで足利に押し寄せ、不意を襲って長尾と勝負を決しようと思う。本道、寺岡、村上勢も参加させると、道が遠いうえに、免鳥の城に見つかって鐘や貝を鳴らすだろうから、長尾の居城に攻め寄せる前に足利の軍勢が馳せ集まってしまうであろう。また、館林や新田勢もすぐに救援に駆けつけるであろう。彦間から名草へ討って出れば、佐野領と足利領が入り組んだ場所なので、ひそかに侵入できよう。長尾さえ討ち取ることができれば、たとえ新田、足利、館林の者共に囲まれて討たれようとかまわない。佐野と足利はたびたび合戦してきたが、当方がおくれを取ったことはない。しかしながら、このところ長尾には遺恨とすべきことが重なっている。

 第一に、彦間に差し置いてあった小野兵部と同長門を長尾に討ち取られ、小曾根筑前守を彦間に差し置かれたこと。

 第二に、彦間と名草の境は代々百姓たちが山林や馬草場を争っていたため、彦間から柵を設けて中木戸と名付けて守っていたところ、名草から柵を破られたこと。

 第三に、免鳥の合戦。

 これらを考えれば、長尾を討ち果たしてもあまりあるほどの遺恨である。このままにしておいて、敵よりも天徳寺や山上道及にさげすまれると思うと、何より口惜しい。」

 このように仰せになったが、御家老たちは「御上意ごもっとも」と言うばかりで、その日はそれ以上の相談は行われなかった。



前へ 次へ

唐沢城老談記インデックスへ