唐沢城老談記10

− 足利攻め・その2 − 

 大秡越中守が暮れの挨拶に登城したところ、宗綱公からひそかに、明日の元日に名草から足利へ攻め寄せる計画を打ち明けられた。

 大秡が、「正月元旦に合戦するのは、いにしえからたいへん嫌われていると聞いております。味方の守備を固めてこそ、敵の不意をうって勝利できるものです」と、御諌言申し上げたところ、宗綱公はたいへん御機嫌が悪くなってしまった。

 宗綱公がこのように思い詰められたのは、御短気のためであろうか、それとも、御武運が尽きてしまっていたためであろうか。その頃、家老衆が不和で、大秡も底意に小田原に内通したか足利に内通したかなどと思われていて、御家中は二つに割れてしまい、この頃は大秡方、御家方などとひそかに言う者もあった。御家中がそのような状態だったため、敢えて御諌言申し上げる者もいなかった。

 その日の夜の丑の刻に御出馬になったが、宗綱公の御馬の前に白い衣を着た若い女が歩いていた。人々が奇異の思いをなしていると、しばらくしてどこへともなく消えてしまった。それを見た人々は、「不思議なことだ」と、肝を潰したという。



前へ 次へ

唐沢城老談記インデックスへ