唐沢城老談記11

− 足利攻め・その3 − 

 天正十五年丁亥元旦。足利長尾顕長公から佐野の押さえとして彦間に差し置かれていた小曾根筑前が、「何となく佐野領が騒がしい」と聞いて、あちこちの山林にまで人を配して様子を探ったところ、思ったとおり「佐野が攻めて来る」と告げて来た。

 小曾根筑前は、この城では守備がおぼつかないと、「妻子以下を山林に隠せ」と言い、自分自身は与力歩弓の者どもを召し連れて、数葉那(すはな)の寄居に駆けつけた。そして、当番の者に告げて、貝・鐘を鳴らさせた。

 まず最初に、名草にいた芳賀右衛門が歩弓を引き連れ、半月の指物に馬印で馳せ参じた。二番目には、柳田隼人。以下、山下播磨、泉新十郎、岩下右近、朽木修理などが馳せ参じた。

 その頃、佐野の先手の富士源太、山越才吉の両人は名草に討ち入っており、足利では何も知らずに元旦を祝っていたので、不意をうたれて周章狼狽して騒ぎまわっていた。

 宗綱公は気が逸ったため、旗本勢や後陣が勇むようにと、先に出発された。旗本勢が後に続くことができないほどに馬をとばしたので、御槍持ちの一人は馬の尾につかまるようにして走ったが追い付けず、閑間川原で血を吐いて死んでしまった。

 旗本勢も馬で続こうとしたが、大将の馬は肝が強かったため、四五丁ばかりおくれてしまった。その間に宗綱公は、数葉那坂に一人でさしかかった。

 その時、数葉那坂の下から小曾根筑前が、大将とはわからなかったが佐野勢と見て、大音声で名乗りを上げた。

「ここを守るは小曾根筑前なり。彦間に差し置かれた小野兵部をもそれがしが討ち取り申し、その後も御家に対してたびたび敵対してまいった。このたびも、さっそく顕長公に連絡いたし、この寄居に名草六郎とそれがし一家、その他が籠もっており申す。あとに続く佐野勢へ、弓・鉄砲をうちかけてくれよう。」



前へ 次へ

唐沢城老談記インデックスへ