唐沢城老談記12

− 佐野宗綱の討死・その1 − 

 宗綱公はこれをお聞きになるまでは、まず数葉那の寄居を攻め落とし、長尾の首を取ってから、帰る途中で小曾根筑前を討とうと思っていたが、ここで筑前の慮外の広言を聞いて、「おのれをまず一攻めにせん」と、采配を振った。旗本勢が続いて来ていると思ってうしろを振り返ってみると、あとの勢はまだ到着していなかった。

 しばらくその場で後勢を待つうち、御武運が尽きたのか、どこからか飛んで来た野鉄砲の玉が胸に当たり、御落馬された。

 豊島七右衛門という軽少の侍がこれを見て、大将とも知らず、走りよって御首に二太刀入れたが、切ることができなかった。

 宗綱公が、「うろたえ者め。綴(しころ。兜の鉢から首すじに垂れた部分)を巻き上げて切れ。そのほうの太刀では切れまい。わしの首取り(首切り用の小刀)で切れ」と仰せになったので、七右衛門は宗綱公の御腰の首取りを抜き、綴を巻いて御首を頂戴した。

 七右衛門は、「きっと佐野の先手の物頭だろう。血気の勇者なので一騎だけで来たのだろう」と思ったが、馬や物の具が良いのを見て、「もしや大将ではないか」と疑い、大勢に首を見せた。そのうちに宗綱公をよく見知っているものがいて、「これは大将の宗綱公だ」と言ったので、足利方は一斉にどっと歓声を上げた。

 佐野の旗下の勢が馳せつけると、足利勢が、「大将宗綱公、今日ただいま討ち取った」と大音声で言うのを聞いて、佐野勢は、「このうえは一命を惜しむべからず。数葉那から足利勢を攻め落とせ」と、わめき叫んで攻めたので、勇む足利勢も敗軍に及ぼうとした。

 その時、樺崎勢の新井図書、大沼田淡路、市川右衛門、久米伊賀らの足利勢が馳せ集まって来た。思いがけなく大将は討たれ、是非無く佐野勢は引き退いた。

 佐野家の家老は敗軍の勢をまとめて宗綱公の居城に集まり、

「このたび大将が討ち死にあそばされた上は、我々を初め、皆、かの地に屍をさらすべきだと思うが、大将が討たれてしまい、敗乱の者どもを集めるのが難しい。このような状態で戦って、はかばかしい戦いもできないようでは、いよいよ人に何と言われるか口惜しい。このうえは、天徳寺をお呼びして、後日の勝利を期すしかなかろう。本城は言うに及ばず、それぞれの居城、村々まで、宗綱公御存生の時よりもなおいっそう堅固に守りを固めよ。」と、侍中に申し渡した。



前へ 次へ

唐沢城老談記インデックスへ