唐沢城老談記13

− 佐野宗綱の討死・その2 − 

 宗綱公が討ち死にあそばされて、御老母様と御内婦様は涙ながらに二人の姫君を御覧になり、

「二人のうちせめて一人でも男子だったら、親上が討ち死にしてもこのような状態にはならなかったであろうに。」と言って、また涙を流された。

 姉君は五才、妹君は三才。何もわからないでいるありさまを見て、家中の面々は言葉を発することができなかった。何も御返事できないまま一同涙にくれていると、御老母様が、

「嘆いてもどうにもならない。我々は女性でどうにもできないので、このうえは天徳寺を呼び寄せ、下知させて、何とかして足利・新田を討ち取りましょう。」と、仰せになった。

 家老衆と家中の面々は、「家中残らずそのように考えております。このような乱国の時は、大将が無くては士卒も励まないものでございます。できるだけ早く天徳寺を招きましょう」と言って、宗綱公の討死と御老母様の御意の趣きを、手紙で詳しく上方の天徳寺の元に知らせた。



前へ 次へ 

唐沢城老談記インデックスへ