唐沢城老談記14

− 大秡越中守の自害 − 

「このたび大秡越中守は、元旦の御出馬の際に宗綱公のお供をしなかった。御諌言申し上げた時に御立腹されて用いられなかったとはいえ、御出馬された以上、とやかく言うべきことではない。越中の言い分にも一理あるとはいえ、何を考えているのか計りがたい。本城の御留守居を仰せ付けられたわけでもない。宗綱公が無二無三に御出馬されたのに、越中があとに残ったのは宗綱公の意にそぐわないことである。城の御留守の役は、急な時のために常々仰せ付けられてあったが、あとに残った衆は大秡方なので、きっと謀反の意があるのであろう。」

 このように考え、富士源太、竹沢山城、山越才吉、津布久弾正、細野次郎左衛門を初めとする三十人余りを大将として、数百騎が大秡越中の居城に押し寄せた。

 こうして、越中も佐野四天王と呼ばれた一騎当千の者だったが、だんだん道に背き、家老衆と不和になって、宗綱公のお討死の後、間もなく一戦にも及ばず切腹することになった。



前へ 次へ

唐沢城老談記インデックスへ