唐沢城老談記16

− 足利・新田の没落 − 

 佐野宗綱公を足利が討ち取ったことを、長尾顕長公が小田原に使者を送って報告したので、氏直公は御感悦になり、山上五右衛門を上州厩橋に遣わされた帰りに、由良・長尾殿のもとに立ち寄らせた。

「先年、由良殿は武略をもって桐生又次郎殿を退治したまい、今度また長尾顕長殿が佐野宗綱を討ち取られた。甲州、駿州まで手に入れられること、疑いなし。新田からは西上州を手に入れ、信州まで発向したまえ。足利は、宗綱を討ち取るといえども家来の者が佐野を堅く守っているので、彼の者どもを退治したあと、結城、下館、壬生、皆川まで手に入れ、そのあとは北野州、常陸までも手に入れられることでしょう。日頃の勇才、感じ入りました。両家の働きで手にお入れになった国々郡々には、こちらは少しも望みはありません。これらのことの相談をし、また、両家の働きに感悦の段を申し入れ、数日の御苦労を慰め申すため、山上五右衛門を遣わしました。御両家とも、山上五右衛門に同道して来てくださるようお願いいたします。」

 このように使者の趣きを伝えられて、由良殿と長尾殿は小田原にお越しになった。

 すると、氏直公から山上五右衛門を通して、

「第一。合戦に各々勝利を得られたことはもっともではあるが、こちらへの注進を延引したこと。第二。先年、佐野を攻めた時、佐野、前川原、富口まで攻め寄せ、宗綱の二三の備えまで崩し、旗本や後備えまで色めきたって見えたことがあったが、その時、新田・足利の軍勢が加勢すれば宗綱が備えを立て直すことはできなかったのに、両家が見逃したために宗綱は備えを立て直して下知し、そのため味方は利を得ることができなかったこと。第三。このたび宗綱を討ち取ったら、ただちにその首を持って顕長が小田原へ参府すべきところだったのに、五日もたってから注進したこと。これら、はなはだ無礼至極と御立腹されている。そのため、お取り籠め仰せ付けられた。申し分があるなら、家老に仰せになるように。」と伝え、前もって控えていた者どもが、ひしひしと捕らえて取り籠めてしまった。

 その後、ほどなくお許しが出て、人質を取った上で両城主は帰城されたが、また翌年小田原から攻められ、ついに間もなく両家とも亡んでしまった。



前へ 次へ

唐沢城老談記インデックスへ