唐沢城老談記17

− 小田原からの使者・その1 − 

 小田原氏直公から佐野へ御使者が来て、次のように家老衆に仰せになった。

「宗綱討死の趣きは、詳しく長尾顕長から知らせて来た。佐野については、残らずこれまでどおりに支配いたすべし。それについて、関八州の格法なので、小田原へ人質を渡すべし。佐野に押し寄せて勝負すべきとも思うが、城には宗綱の内婦と老母しかおらず、大将がいないところに攻め寄せるのも何となく大人げない。また、長尾・由良両城主は、佐野・桐生を討ち取ったとはいえ、無礼なことが重なったため、小田原へ召し寄せて籠居を申しつけた。両人の申し分を受け入れて帰城させたとしても、そちらから人質を渡せば、もしも重ねて遺恨があっても、こちらから佐野方を後詰めする。」

 これに対して、

「御使者の趣きに違背いたすようではありますが、宗綱が討死したとはいえ弟の天徳寺と申す者がいるからには、天徳寺の意見をうけたまわってから返事をいたします。」と返事をして使者を小田原に帰し、さっそく上方の天徳寺のもとへ手紙を送って、使者の趣きを申し遣わした。

 天徳寺は上方の秀吉公のもとにおり、家中の衆中は天徳寺の槍の弟子になっていた。秀吉公にも気に入られ、御前近くで何事も気安く言うことができた。天徳寺は智仁勇の強将で合戦の場数を重ねていた上、兵法・槍の上手で天下無双であった。秀吉公も取り立てようと思し召したほど、秀吉公と御懇ろであった。

 そこに野州佐野から手紙が到来し、それを御覧になって、「さてさて残念なことよ。我ら兄弟が佐野に揃っていれば、即時に長尾を討ち取って本意を達することができたものを。宗綱公も、天徳寺がいたら、と思し召しになったに違いあるまい」と、お心の強い天徳寺であったが、涙を流された。

 「しかし、今となっては是非もない。このうえは下向して長尾を討ち取ろう」と思し召し、野州へは、「このたびの兄宗綱公の御討死は是非もないことなので、居城は言うに及ばず、村々の境目までよく用心するようにせよ。おっつけ下向して、本意を達しよう」と、仰せ下された。

 その返事を見て、家老中は言うに及ばず、家中の侍一同、心を合わせて用心に専念した。



前へ 次へ

唐沢城老談記インデックスへ