唐沢城老談記18

− 小田原からの使者・その2 − 

 天正年中二月上旬、天徳寺が佐野からの手紙のことをつぶさに秀吉公に申し上げたところ、「さては佐野宗綱は長尾に討ち取られてしまったか。貴老が無念に思うのももっともなこと。早く野州へ下向して長尾を討ち取れ。もしも手伝えることがあれば、遠慮無く言ってほしい」と、かたじけなくも秀吉公から懇ろな御言葉をいただいた。

 天徳寺はそれに感謝し、「拙者、下向つかまつり、佐野の家来どもと心を合わせ、なんとかして長尾を討ち取ります。」と申し上げ、一両日中に下向できるように用意していた。すると、二月中旬になって、また佐野から手紙が来た。その手紙には、小田原から使者が来たことが書いてあった。

 「これは思ってもみなかったこと」と、また秀吉公に手紙の内容を申し上げると、「それなら下向する必要は無い。このうえは、小田原に人質を遣わし、小田原の下知に従って居城を守るのがよかろう。そのように佐野へ仰せ遣わすがよい」と、仰せになった。

 また、ひそかに天徳寺に、「もはや長尾・由良の両人が小田原へ籠居させられたからには、貴老が下向する意味はなかろう。新田・足利両城主の申し分を小田原が受け入れて帰城させたとしても、小田原へ人質を渡すからには新田足利も遠慮するであろう。そうなれば、野州唐沢の城は何も心配いらない。時節を見て、我らが小田原を攻めて退治いたそう。その時、貴老も本望を達することができよう」と、仰せになった。

 天徳寺は佐野へ手紙を送り、これらのことを残らず仰せ下した。

 やがて、氏直公のもとから山上五右衛門が使者として佐野にやって来て、「以前、使者を遣わして申した人質のことは、天徳寺に聞いたか。人質を出さないのなら、どのようにするつもりなのか仰せたまうべし」と、申された。

 佐野の家来衆は、「天徳寺に申し遣わしたところ、このうえは、何分にも氏直公の御意のとおりにするよう申し越しましたので、御下知に従って人質をお渡しします」と申し上げた。

 五右衛門は、「それなら、佐野本城にいる御家老衆は、残らず妻子か子供衆のうち一人づつ出すように。侍中も同様である。」と言って、二十四人の人質を召し連れて、小田原へ帰って行った。是非無いことであった。



前へ 次へ

唐沢城老談記インデックスへ