唐沢城老談記19

− 秀吉と天徳寺、山上道及・その1 − 

 山上道及は武者修行として上方や関東の小田原でしばらく働いたあと、武田信玄公の元にいたが、そこで佐野の様子を聞いた。それで秀吉公の元に参上して天徳寺にお目にかかり、宗綱公の御討ち死にの様子を語り合った。

 天徳寺を通じて秀吉公に御目見えがかなったが、秀吉公は、近いうちに小田原を攻めて退治するつもりであると仰せになり、天徳寺と道及は関東者だからと、関東の絵図を御所望になった。

 天徳寺と道及は、関八州の城、山、川、大小の道、難所などを詳しく絵図にして差し上げたので、秀吉公はおおいにお喜びになり、ますますお気に入りになった。そして両人に、今度の小田原攻めにおける関八州の案内を仰せ付けになった。

 間もなく、秀吉公は五畿内五か国に仰せ付けて、五畿内の軍勢数万騎で小田原攻めの準備を始められた。



前へ 次へ

唐沢城老談記インデックスへ