唐沢城老談記20

− 秀吉と天徳寺、山上道及・その2 − 

 天正十八年庚寅、秀吉公は、「五畿内の軍勢数万騎で小田原の氏直を攻める」と、諸軍勢に下知された。

 天徳寺は秀吉公に、「このたびの小田原攻めの御先手をそれがしに仰せ付けてください」と申し上げた。

 秀吉公が、「貴老は配下の者を持っていないのに、一人では無理だろう」と仰せになったので、天徳寺は、「このたび御先手を仰せ付けてくだされば、野州佐野に宗綱の家来どもが都合五百騎ばかりいますから、彼らを呼び寄せて御先手つかまつります」と、申し上げた。

 秀吉公はお考えの深い大将だったので、「いやいや、佐野に残っている侍どもとは、もはや数年間も離れていることなので、貴老の思い通りに戦ってくれるかどうかわからぬぞ。その場合は、どうする」と、仰せになった。

 天徳寺は、「宗綱の生きていた時に代々譜代の者たちだったので、他国のために働くようなことはありません」と答えて、是非とも先手を仰せ付けていただけるように願ったので、秀吉公も、「それなら貴老の望みどおり、先手を申しつけよう」と、仰せになった。

 天徳寺がさっそくその旨を佐野に連絡すると、思し召しとは違って、秀吉公が考えられたように、佐野の侍は小田原への人質になったりしてあちこちに散ってしまっており、参上できるのは百騎に満たなかった。

 これを見て天徳寺は、「さても是非無き次第かな」と面目を失ってしまった。それ以来、少々秀吉公と疎遠になってしまった。



前へ 次へ

唐沢城老談記インデックスへ