唐沢城老談記21

− 小田原の合戦 − 

 秀吉公は、御軍代には加藤主計頭殿、御目付には富田左近殿、その他、軍勢数万騎で小田原に押し寄せた。

 小田原では前もって準備してあったので、氏直公が諸軍勢に御下知になって、まず、大手口は北条安房守と山上五右衛門を大将として数千騎で堅めた。

 氏直公は、

「聞くところによると、このたびの合戦において、佐野天徳寺とその家来の山上道及が関東の案内をし、そのうえ、このたびの先手を希望したという。佐野から人質を遣わしている侍どもも、天徳寺に寄騎して、こちらに馳せ向かうという。もってのほかのことだ。大手口で佐野の人質どもを、残らず磔(はりつけ)にせよ。天徳寺勢に見せてくれよう」と、仰せになった。

 それを聞いて北条安房守が、

「御意はごもっともではありますが、天徳寺と道及がそれらの様子を見れば、身命を惜しまず討ち入るでしょう。命を惜しまない敵には、大軍でも負けるものです」と申し上げた。

 しかし氏直公は、

「もっともではあるが、人質がこちらにいるのをわかっていながら、佐野の者どもが天徳寺の配下に入って押し寄せて来るからには、いかんともしがたい。関八州の人質が多数いるので、見せしめのために磔にせよ」と仰せになり、佐野の人質三十四人を大手口に磔にして掛けておき、「佐野勢の目の前で突き殺せ」と、生きたままにしておいた。不憫なことであった。

 そこに、五畿内の諸軍勢数万騎が押し寄せた。

 天徳寺は道及を先手として、「以前秀吉公に御先手を所望したからには、是非ともこのたびは先陣つかまつろう」と、露命を軽んじて進んだ。そこで例の磔を御覧になって、目もくらみ、心も消え入るような心地がしたが、「なんと口惜しい。佐野勢どもの妻子を目の前でこのようなことにされて、かくなるうえは一命を惜しまぬ」と、無二無三に討って入り、堅く守っていた大手口の一の備えを一揉みに崩してしまった。

 加藤主計頭殿はこの様子を見て、「天徳寺と道及を討たすな」と後勢に下知して攻め寄せたので、小田原方はさんざんな敗軍に及んだ。

 この合戦で、天徳寺に対する秀吉公の御覚えが再びよくなったという。



前へ 次へ

唐沢城老談記インデックスへ