唐沢城老談記22

− 佐野家再興・その1 − 

 小田原は、間もなく落城した。明智日向守の御退治以前に武田信玄公も長尾謙信公も御病死になって両家はすでに亡び、関八州は佐竹義宣公、同義久公、里見義胤公を初めとして、奥州まで御無事になり、西国の毛利殿も御無事で、六十余州に秀吉公に敵対する者はいなくなった。そこで秀吉公は、御自身のことを、一天の御主と仰せになった。

 秀吉公から天徳寺に、

「貴老はここ数年の合戦で手柄を立て、そのうえこのたびの小田原での働きは言葉では言えないほどの手柄である。そこで、佐野領は申すに及ばず、足利領も合わせて十二万石をつかわす。道及もよく働いたので、ますます引き立てよう」との御内意をいただき、ありがたき仕合わせであった。

 天徳寺は、

「御上意の趣き、ありがたく存じたてまつります。しかしながら、拙者は出家の身ですから、それほどの領地を下さられずとも不足には存じたてまつりません。兄宗綱の女子がございます。その女子の婿を御取り立て下さりたく存じたてまつります」と申し上げた。

 秀吉公は、「天徳寺の申すところは、もっとものこと」と、天徳寺には本領の佐野を遣わされた。

 そして、その場で、富田左近の次男を婿とするよう仰せ付けられ、まだ幼少だったので、御意として御約束された。



前へ 次へ

唐沢城老談記インデックスへ