唐沢城老談記23

− 佐野家再興・その2 − 

 こうして天徳寺公は、唐沢御本丸を御居城とされることになった。そして、家老、その他、佐野譜代の侍で佐野に残っていた者を、残らず御本丸に召し寄せられた。

 中でも、竹沢山城守は小田原にも参陣せずに城を守っていたが、このたび天徳寺が御入部になっておおいに喜び、宗綱公が数葉那(すはな)の雲雀鳥屋(ひばりとや)寄居で討死された時の様子を詳しく語ってさしあげた。

 天徳寺公は宗綱公の討死を「是非なきこと」と思し召しになり、また、家老たちが佐野を堅固に保ち、その後も一村も敵に取られることなく忠勤した手柄を、「前代未聞で感謝のしようもない」と、たいへんお喜びになった。

 また、大秡越中のことは、「切腹させるほどのことはなかったものを」と思し召され、「我らが下って様子を見届け、少々のことは罪を許しておくべきだった」と仰せになったので、一座の者は何とも申し上げようがなく、一同、「なんと仁義深き大将か」と感心した。

 宗綱公の頃の佐野の侍で城を離れていた者や、浪人して百姓とも侍ともつかない様子であちこちに居住していた者まで、天徳寺の御入部と聞いて集まり、これまでのことを申し上げて御目見えを望んできた。

 天徳寺はそれらの者たちに、

「申すことはもっともではあるが、たとえ大将が討死したといっても、譜代の侍が他所に出るなどということがあろうか。しかし、大秡越中のことといい、すべて佐野の家老や侍が不和であったために起きたことなので、申すところも一理ある。そのうえ、我らが佐野に入るのを待って、そのように帰参したいと申すうえは、以前の知行と、心付けに少々の宛てがいを加えて召しつかおう。その方たちの以前の働きと忠勤には感じ入っている。このうえは、宗綱の時と同様に忠勤に励むべし」と、仰せ渡した。



前へ 次へ 

唐沢城老談記インデックスへ