唐沢城老談記25

− 信宣公のわがまま・その1 − 

 信宣公は御立派な方で、佐野御支配の村々まで堅固に仰せ付けられ、家老衆や家中の侍も和しており、御長久の御家とお喜びになった。

 天徳寺公は、「信宣は諸事大人で、家中や村々までよく治めており、とてもうれしい。自分は数年見届け、そのうえ老身なので、赤見村に隠居したい」と仰せになった。

 信宣公を初め、家老衆も残らず、「御意の段、ごもっともに存じたてまつります」と申し上げ、天徳寺公は間もなく赤見村に御隠居あそばされた。

 天徳寺公が御隠居あそばされてから、信宣公は諸事についてわがままな心が出て来たため、家老たちを初めとする面々がたびたび御意見申し上げたが、お用いになられなかった。

 赤見天徳寺公がそれをお聞きになって、唐沢にお越しになってたびたび御意見したが、これもお用いにならなかった。そのうえ、天徳寺が近所にいては気ぜわしいと、「是非ぜひ仙場村にお移りください」と言って、天徳寺公を不意に仙場村に押し込め、その後、天徳寺公と連絡も取らなくなってしまった。是非なき次第であった。

 天徳寺公は、「信宣公がこのように奢っていては、間違いなく家が亡ぶだろう。嘆かわしいことだ」と、朝夕涙を流され、間もなく御病死されてしまった。その後は、信宣公はますます御気侭になっていった。



前へ 次へ 

唐沢城老談記インデックスへ