唐沢城老談記26

− 信宣公のわがまま・その2 − 

 信宣公は諸事お気侭であそばされるので、家老衆もたびたび諌言申し上げたが、天徳寺の意見すらお聞き入れにならなかったほどなので、御諌言申し上げる者は、御意に背いたとして、一人、二人ずつ御暇を申し渡していった。御暇を出された者は多数で、数知れなかった。

 富士源太は御家の一門であったが、富士村へ引っ込んで、そこで御病死されてしまった。四天王で残ったのは竹沢の子孫ばかりであった。その他の譜代衆も、あるいは他所へ奉公に出、あるいは引っ込んで百姓に入り交じり、残ったのはわずかな人数になってしまった。富田の家から来た衆も、そのうち御暇を出されて立ち退いた。

 そのうち秀吉公も富田左近殿も御病死されたので、御約束の御加増の沙汰もなく、佐野の本領ばかりが支配の地であった。

 その頃の家老衆は、佐野和泉守、これは富士源太の婿なので、佐野の家名を下されたもの。それから、竹沢山城守、これは佐野を家名に下され、佐野内匠守と名乗った。そのほか、弓削長門守、内藤五左衛門、中江川大膳であった。その他の新参衆、譜代の衆は記すに及ばない。

 これらの面々が、たびたび御わがままの御諌言を申し上げたが、お用いにならなかった。しかし、江府家康公の御前では御無事であった。

 



前へ 次へ

唐沢城老談記インデックスへ