唐沢城老談記27

− 改易・その1 − 

 ある晩、唐沢の居城から江戸の火事が見えたので、家中の者たちが信宣公に、「江戸かどこかでたいへんな火事が起きている」と、申し上げた。

 信宣公も御覧になって、「これはまさしく江戸が火事だ」と言って、供廻りも続けないほど急いで、早馬で江戸に御出立になった。館林を通って行ったが、あまりに急いだので、忍領で御馬が死んでしまった。不憫に思し召し、後にその場所に馬頭観音をお祭りした。

 こうして信宣公は、江戸で夜中に火事が起こって、その翌日の九時には江戸の家康公に御見舞を申し上げた。

 家康公は、「さっそくの御見回り、感じ入りました。どこから火事のことを告げて来て、何時頃佐野をお発ちになったのか」と、仰せになった。

 家康公の御機嫌が良かったので、信宣公は、「それがしの居城からは江戸は目の下に見えます」と、申し上げてしまった。

 すると家康公は、「佐野の居城は、我らの居城を目の下に見るというからには、ことのほか高いのであろう。それがしも、関八州は申すに及ばず、日本中を支配申すからは、それがしの居城より高いのなら平地に貴殿の居城を移すように」と、仰せになった。

 いろいろ言い訳したが首尾はよろしくなく、佐野へお帰りになって、家老たちと相談して是非無く春日山に居城をお築きになった。御築初めの日取りも吉日ではなく、御移りの日も吉日ではなかったという。悪いことが起こる時節が来ていたのかもしれない。

 信宣公は常々わがままで、天徳寺にも御不孝であったし、また、譜代の侍たちに暇を出し、新参の者どもを古参衆よりも近くに召し遣い、これらの者は何事も御意のままにと追従したが、このように軽薄に無作法なことをお勧めする者ばかりをお気に入りあそばされた。家老たちも必要な時に出仕するだけで、是非のないありさまであった。

 その頃、御内婦様が嫉妬心から、信宣公を隠居させて御嫡子の小吉殿を御世継ぎとして立てようとして、家中の嘆きも顧みず、自身の御心を晴らすために、家老たちとも御相談なく、七八カ条の御書付けにした御訴状をひそかに家康公のもとに送った。

 家康公は、目付衆から信宣のわがまま沙汰を内々にお聞きになっていたところにこの訴状を御覧になり、「公儀に対して無礼があったわけではないが、わがままな事があまた有るので、ひとまず押し籠め、申し分があるようなら許そう」と、国替えを仰せ付けた。

 そして、佐野へ御上使を遣わされ、旗本衆五人に仰せ付けられて、寺岡村岡崎山で信宣公御親子三人を捕らえ、松本城主にお預けになった。



前へ 次へ

唐沢城老談記インデックスへ