唐沢城老談記28

− 改易・その2 − 

 一方、江戸の家康公は、御上使として溝口外記殿と旗本衆三人を城の受け取りに遣わされた。

 佐野の家老や諸将は対策の評議を行ったが、思いも寄らないことだったので、それぞれ思い思いの意見を述べた。

 城代の和泉守は、「このたび思いも寄らないことを仰せ付けられたが、素直に城を明け渡し、時節を待って無罪の御訴訟を起こせば、きっと帰城できるであろう。江戸の思し召しをうけたまわろうと思う」と、仰せになった。

 佐野内匠は、「和泉守殿の思し召しのように、このたびのことは思いも寄らないである。さすがに侍が主から預けられた城を、一言も無くおめおめと引き渡すのは口惜しき次第。この城を枕に討死しようではないか」と、申された。

 弓削長門守は、「内匠殿の仰せになったことは、それがしも同じように思う」と、言った。

 中江川大膳は、「和泉殿の仰せはもっともだと思う。時節を待って申し訳を述べれば帰城できないはずはない。分別は臆病に似ているが、このたびは異議無く城を渡すのがよいと思う」と、言われた。

 それを聞いて長門守は、「両人の仰せは合点がいき申さぬ。この長門と内匠頭は城を出ぬ。侍たちは、それぞれ心のままに決めればよい」と、思いきった様子で言った。

 人々は、長門殿の仰せをもっともと言う者もあり、和泉守殿の仰せを御道理と言う者もあった。

 和泉守が重ねて、「忠義は侍の根本である。主人を大切に思うからには、再び世に立てようとするのが本意であろう。このたび突然信宣公が松本に籠居になって残念な次第である。せめて罪の様子を家来どもに一々仰せ聞かされ、そのうえでこの様なことになったのなら是非に及ばず。いずれも仰せの義はもっともではある。信宣公のわがままは一部で、公儀も無礼なところが少なくはない。時日を待って申し訳が立たないはずがなかろう」と言ったので、四人の家老衆は同意して、城を素直に渡すことになった。

 しかし、長門守だけは、ついに同意しなかった。そうはいっても、一人だけで城を守ることもできないので、「生きている限りそこもとらと同心はできない」と言って、早馬で犬伏大庵寺に駆け入って自害してしまった。



前へ 次へ

唐沢城老談記インデックスへ