唐沢城老談記29

− 改易・その3 − 

 四人の家老は、侍たちに、「我らの申すところに御同心いただければ、御上使の衆に申し上げる」と仰せになり、佐野和泉守、同内匠頭、内藤五左衛門、中江川大膳が御上使の衆に、

「このたび主人信宣が、突然信州松本にお預け籠居を仰せ付けられましたこと、罪の次第を家来どももうけたまわりたく存じ、また、主人から預け置かれた居城をすぐにお渡しするのは侍の本意ではありません。しかしながら、御上使に向かって異議を申せば、御訴訟が成り難く存じますので、重ねての御訴訟のために城をお渡しいたします。くれぐれも、御前によろしくお頼み申し上げます」と、申し上げた。

 三人の御上使も、「もっともなこと。後日に申し分がかなわないことはないでしょう」と言って、御礼式に則って城をお受け取りになった。そして、三日間のうちに城を破却され、江戸へ帰って行った。

 その後、佐野和泉守殿は、出家して山中仙斎と名乗り、土井大炊頭殿と親しくされるようになった。その頃、土井大炊頭殿は家康公の元に出入りしていた。山中仙斎から、「信宣公の無罪を、御前によろしくお取り成し願い上げたてまつります」といろいろ訴訟、申し分があったため、間もなく家康公からお許しの御内意を得ることができた。

 仙斎が松本にお迎えに参上したので、御親子三人、おおいに喜んだ。

 ところが御運が尽きてしまっていたのか、御目見えのために江戸へお越しになる途中、武州深谷で卒中になり、江戸に着いて間もなく御死去されてしまった。そのため、それ以上の御沙汰はなかった。是非無く、御兄弟とも御浪人になられた。

 ほどなく家康公は御他界。その後、土井大炊頭殿と仙斎老も御病死。それ以後、御兄弟は長い間御浪人されて、その間、申し尽くし難い御苦労をされた。ところが、やがて、佐野吉之丞殿、同喜兵衛殿御兄弟は召し出されて、御子孫御繁盛、御出世され、めでたいことである。

これで唐沢城老談記は終わりです。



前のページに戻る前へ

唐沢城老談記インデックスへ