松平氏と世良田氏


0.はじめに

 松平氏出身の徳川家康は、自分を新田氏(新田義貞の一族)の末裔であると称していました。新田一族の世良田親氏が三河松平郷(現・愛知県豊川市)の在原信重の婿になり、松平親氏と名乗ったのが家康の先祖であるというのです。

 世良田(せらだ)や徳川というのは、上野国新田荘(現在の群馬県太田市周辺)の郷名です。鎌倉時代には、世良田や徳川という名字を名乗る新田一族もいました。新田氏ファンの私としては、家康が本当に新田氏の末裔なのかどうかにたいへん興味をひかれ、その周辺のことがらを探ってみました。以下は、その結果をまとめたものです。

 勢いでまとめたものなので、つっけんどんな文体になっていますが、書き直すのも面倒なのでそのままアップロードします。御容赦ください。



1.新田世良田系図


 十四世紀に編纂された系図集、「尊卑分脈」から世良田氏関連の部分を抜粋すると次のようになる。

 新田義重の子に徳川義季がおり、その子に徳川(得川)頼有と世良田頼氏がいた。頼有・頼氏兄弟の時代、新田氏の惣領は新田義兼の孫、新田政義であった。しかし政義は、寛元二年(1244)、京都で大番役勤仕中、許可無く出家して京都を引き払い、それをとがめられて所領を没収されてしまった。それ以後、幕府への出仕は世良田頼氏が勤めている。吾妻鏡に新田三河前司、三河前司頼氏とみえ、長楽寺文書に前三河守源朝臣頼氏とみえるのが世良田頼氏である。しかし、この世良田頼氏も、文永九年(1272)、二月騒動に連座して佐渡に流されてしまい、それ以後、惣領権は新田政義の孫、新田基氏に戻る。新田基氏の孫が新田義貞である。

 世良田氏は、一時的にしろ新田氏の惣領を勤めたこともある新田氏の有力な一族であった。



2.松平氏の系図


 尊卑分脈に名前のみえる世良田満義は、元享3年(1323)、嘉暦3年(1328)、元徳2年(1330)に、世良田長楽寺に寺領を寄進している(長楽寺文書)。このことから、満義は鎌倉時代の最末期に世良田氏の当主だったことがわかる。

 松平氏の系図では、世良田満義以下を、

【満義−政義−親季−有親−親氏−泰親信光−親忠−長親−信忠−清康−広忠−家康】

と、つなげている(泰親を親氏の弟とする系図もある)。南北朝の戦乱の末に時宗の僧となった世良田親氏(徳阿弥)が、三河松平郷の在原信重の婿になり、松平親氏と名乗って松平氏の祖となったという。家康が世良田ではなくて「徳川」と名乗ったのは、世良田親氏の祖父の世良田親季が、一時徳川郷に住んで徳川親季と名乗ったからだという。しかし、これらの話をそのまま信じる人は、現在ではほとんどいない。

 系譜を家康からさかのぼって見てみる。

 まず家康の祖父の松平清康については、大樹寺(愛知県岡崎市)に清康が建立した逆修供養塔の棟礼に世良田二郎三郎清康と書かれており、また、世良田清康と署名された清康の発給文書も残っている。これらのことから、松平氏は、遅くとも清康の代から世良田氏との関わりを主張していたことが確認できる。

 系譜中の人物で、家康の先祖の松平氏として実在が確認できるのは信光からである。その一代前の松平泰親については、信憑性の高い史料は残されていない。この松平泰親は、浪合記ではただの金持ちとして登場して、新田一族との関わりを示す記述はみられない。

 系譜上、新田世良田氏と松平氏を取り持つ位置にいるのが世良田親氏である。現在のところ(たぶん)私しか主張していないのだが、実は、新田一族の「世良田親氏=徳阿弥」は実在したらしい。(これは、間違いでした。次の節の末尾のリンクを御参照ください。)



3.実在した世良田親氏


 江戸幕府の奥儒者、成島司直
(なるしまもとなお)が幕末の天保四年(1833)に改撰した「改正三河後風土記」に、次のような注目すべき記事がある。

 近頃享和二年壬戌二月、武州多摩府中時宗称名寺竹林の中より、掘出したる碑に、世良田氏徳阿弥親氏、応永一四月廿日と有、官より令し、其地に籬を結廻し、樵采を禁ず。其子細は詳ならずといへども、附して参考に備ふ。

 「最近、享和二年(1802)に、武蔵国多摩府中の称名寺の竹林の中から、『世良田氏徳阿弥親氏 応永一四月廿日』と書かれた碑が掘り出されたが、幕府の命令で立ち入り禁止にしてしまった。詳細はわからないが、何かの参考になるかもしれないので一応書いておく」ということ。

 「世良田氏徳阿弥親氏 応永一四月廿日」と書かれた碑が掘り出されたというのは成島司直が若い頃のできごとなので、その時の騒動を実際に成島司直が見聞して書いたものと考えられ、この記述は信憑性が高い。幕府があわてて人目につかないようにしたことといい、幕府の奥儒者となってからも成島司直に詳細がわからなかったことといい、徳川幕府にとって、よほど都合の悪い物だったとみえる。幕府の公式見解では、家康の先祖の親氏(徳阿弥)は、三河の松平郷の在原信重の婿養子になったことになっており、立派な墓も松平郷につくられていたので、徳阿弥親氏が武蔵国で葬られていてはマズイのは当然である。成島司直にも詳細がわからなかったところをみると、掘り出された碑は幕府によって闇から闇へ葬られてしまったのであろう。

 このように世良田親氏(徳阿弥)は実在したらしいのだが、この「実在の世良田親氏」と松平氏との関係は不明である。というか、無関係とみた方がよさそうである。

 というわけで、「松平氏と世良田氏は無関係」という結論で終わりそうなのだが、ことはそれほど単純ではない。

(1999/08/24補記:称名寺で掘り出された「世良田親氏の碑」は現存しており、明かな偽碑であるとの情報をいただきました。この碑からは、親氏が実在したかどうかについては何も言えないようです。詳しくは、こちらを御覧ください。)





4.家康の系図は如何にして整えられしか


 家康が自分の家の系図を整えた経緯については、近衛前久が子の信尹に宛てた書状からうかがえる(渡邊世祐「徳川氏の姓氏に就いて」)。それによると、家康はまず、従五位下・三河守に叙任される直前の永録九年頃、吉田兼右が見つけ出した徳川系図をもとに系図を整えている。

 この時兼右が見つけ出した系図は徳川氏(源姓)のものではあるが、途中で藤原姓に改姓した奇妙な家のものだったという。そのためか、三河守叙任後の家康は、公式文書には藤原姓で署名している。その一方で、同時期に安房の里見義康に宛てた誓書では、家康は里見氏と同姓であることを主張している(安房里見氏は、新田義重の子里見義俊の子孫であるといわれていた。もちろん源姓)。

 このように、一方で新田源氏であると主張しながらその一方で公式文書には藤原姓を使っていたことが、松平氏の出自について著しい不信感を抱かせる原因となっており、家康が新田氏の末裔と称したのは任官に際して家柄を飾るための単なる方便だったのだろうという現在の定説の根拠となっている。

 近衛前久の書状によれば、家康はさらに、征夷大将軍に任じられる前にも、吉良家から得た系図をもとに新田義国以来の系図を整えており、その際に、藤原姓から、「素志の筋」(本来の希望)である源姓に戻したという。

 家康が系図を整えた経緯を明らかにした渡邊世祐の論文が大正時代に出版されてから、家康が自分の家が新田源氏であると主張していたのは官位を受けるための方便であり、松平氏と世良田氏は実際は無関係であるということがほぼ定説になった。しかし、論文が出た当時は、家康の祖父の清康が世良田清康と称していたことは知られていなかった。のちにその事実が明らかになったことで、松平氏の世良田氏へのこだわりは、単に任官に際しての便宜のためという以上の、根の深いものだったことが明らかになっている。

 そのような目で近衛前久の書状を読み直してみると、家康が源姓を本来の希望(素志の筋)としていたことや、藤原姓を使っていたのは入手した徳川系図に律儀に従っていたためだったことが伺え、定説とは逆に、家康の主張は一貫して「松平氏=新田源氏の末裔」(新田氏の末裔の系図を使うためなら藤原姓を使うのもいとわない!)であったと見ることも可能である。

 松平氏が世良田氏にこだわった理由は、現在ではまったくの謎である。「浪合記」では、世良田政義の子の世良田政親が松平郷に隠れ住んだということが記されている。それに類したことが実際にあり、それが松平氏が世良田氏にこだわる原因になったのではないかというのも、仮説としては成り立ちうると思う。

 と、このサイトの「浪合記」の宣伝をして、この稿は終わり。


【参考文献】



 以下は余談。

 隆慶一郎の「影武者徳川家康」は、「ささら者」の出身である世良田二郎三郎が家康の影武者となり、関ヶ原の合戦で家康が討死した後、その身代わりとなって征夷大将軍になるという小説である。

 新田ファンの私としては、

「実は『世良田二郎三郎』は新田氏の末裔で、新田の末裔を詐称する家康に替わって、下層民に身を落としていた本物の新田の末裔が、ここに三百年の恨みを晴らして征夷大将軍になったのである」

というオチになるものと思い込んで読み進めたのだが、結局、「世良田氏」については触れずじまいの小説だった。はなはだ遺憾である。読んで損した。だいたい徳川と世良田を並べて出すなら、少なくとも、両者が同族の名字であることにちょっとだけでも触れてくれないことには話にならない。読んでいてストレスがたまりまくった。世良田二郎三郎を、本物の世良田氏の子孫という設定にしたら、南北朝時代に世良田氏と共に南朝方として活動したという伝承を持つ井伊氏や奥平氏とのからみで、話がもっとふくらんだと思うのに、残念!

1998/7/18


「太平雑記」インデックス