難太平記7

− 太平記 −

神田本太平記 六波羅合戦の時、「大将の名越(名越高家)が討たれたので、もう一方の大将の足利殿は先皇(後醍醐天皇)に降参された」と太平記に書かれている。かえすがえすも無念なことである(注:現存する太平記には、このような記述は無い)

 この記の作者は宮方深重の者で、よく知らずにわざとこのように書いたのではあるまいか。まことに不届きの至りである。すぐにでも削除すべきではないか。

 写真は、『神田本太平記』、「足利殿上洛事」(巻九)の冒頭部分(図書刊行会発行、明治40年)。
 神田本は太平記の古写本で、流布本と異なるところが多い上に、同一の内容が二通りの書き方で並べて書かれているところや、数行が欠落している部分がある。これらのことから、神田本の元本は執筆途上の太平記であった可能性が指摘されている。しかし、神田本でも流布本と同様、高氏の六波羅攻めが、鎌倉を発った時からの予定の行動だったように書かれており、今川了俊が読んだ太平記とは異なっている。すでに改訂の手が加えられていることがわかる。
 神田本に付属する来由書によれば、神田本は元は豊臣秀吉が所蔵していたもので、秀吉の死後、高台院(秀吉の室)、木下利房(備中足守領主。木下勝俊
(高台院の甥)の子)、利当(利房の子)と伝えられて、その後、「太平記専門之宗師」であった備前岡山の医師、自得子養元が木下利当から譲り受けたものという。

 すべてこの太平記の記事は、誤りや空ごとが多いようである。むかし、等持寺で法勝寺の恵珍上人がこの記をまず三十余巻持参されて錦小路殿(足利直義)のお目にかけられたのを玄恵法印に読ませたとこ ろ、悪しきことや誤りがたくさんあったので、

「これは、少し見たところだけでも、もってのほかに間違いが多い。あとで書き加え、また、削除すべきところがある。それまで人に読ませてはいけない。」と、仰せになった。

 のちに中絶したが、近ごろふたたび書き継がれている。そのついでに、多くの人が筆を入れることを望んで書き加えさせたので、人の武功が数知れず書き加えられた。そのため、ひとかたでない手柄をたてた人々でも、ただ勢揃いのところに名前が書かれているだけの人もいる。まったく略されてしまった人もあるのではないか。

 今は御代が何代か過ぎたが、この三四十年ほどのことでさえ、根拠のないことがいろいろと我意に任せて書いてあるので、なんとかその頃の老人が生きているうちに、この記の御用はやめていただきたいと思っている。

 平家(平家物語)はたぶん後徳記の確かな記録によって書かれたものだが、それでも間違いがあるという(注:平家物語の作者と言われる信濃前司行長は、「五徳の冠者」とも呼ばれていた(徒然草、二百二十六段)。「後徳記」の「後徳」は、「五徳」の当て字と思われる)。ましてこの記は十のうち八九は作り事ではないか。だいたいのところは間違ってはいない。人々の武功などの偽りが多いようである。

 錦小路殿(足利直義)の御所で玄恵法印が談じたように、当時のことを知っている例の法勝寺上人(恵珍)が見聞されたことでさえこのように虚言が書かれていたのだから、(私が)むりに難癖をつけているわけではない。


 この節は、太平記の成立を考える上で重要な内容が記されており、太平記の研究書や解説でよく言及される部分である。

 この節の冒頭にあるような記述は現存する太平記には無く、現存する太平記では、尊氏が鎌倉を発つ前から六波羅攻めの決意を固めていたように書かれている。現在に伝えられている太平記は了俊の頃の太平記とは異なり、改訂の手が加えられていることがわかる。また、現存の太平記では、巻二十七に玄恵の死を、巻三十に直義の死を記しているので、もしも難太平記の記述が了俊の記憶違いでなければ、恵珍上人が直義の元に持ち込んだという三十余巻の太平記は、現存する太平記とは構成も異なっていたことになる。

 了俊が、「其代の老者共在世に此記の御用捨あれかしと存也」と、「御用」という言葉を用いている点も注目される。「御用」という丁寧語を使っていることからは、太平記が当時幕府で公式史書のように扱われていたことが伺われる。

 太平記の信憑性が低いことを言うのに、難太平記の「此記は十が八九はつくり事にや」という文が引用されているのを時々見かけるが、難太平記ではこれに続いて、「大かたはちがふべからず。人々の高名などの偽りおほかるべし」と述べているのにも注目すべきであろう。了俊が「つくり事」と言っているのは、太平記の大筋の内容ではなくて、人々の武功の記述に関して誤りや偽りが多いことを言っているのである。また、難太平記のこのあとのページを読めばわかるが、了俊が太平記に不満を持っているのは、今川家の武功に関する記述が少ないためのようである。

 難太平記を通読すると、難太平記は太平記の信憑性が低いことの証左というよりは、むしろ現存する太平記の記述が、武功の記述の不公平さを除けば、大筋において南北朝当時を知る室町幕府の人々に受け入れられる内容であったことがわかる。了俊が、「唯をさへて難じ申にあらず(無理に難癖をつけているわけではない。)」と、わざわざ言い訳めいたことを書いているのも、太平記の内容が、一般に当時の人々に受け入れられるものだったことを示していよう。




戻る

次へ

インデックスへ戻る