難太平記9

− 篠村八幡宮での旗揚げ −

 (太平記では)丹州篠村八幡宮の御前で御旗揚げされた時、御願書を引田妙源が書いたとされている(注:現存する太平記にも同様の記載がある)

篠村八幡宮矢塚 同時に両御所(尊氏・直義)の御上矢を一本ずつ神前に進上されたが、その役人が二人いた。一人は一色右馬介(頼行か)、もう一人は今川中務大輔(範氏。了俊の兄)である。

 このことは子細あることで、聞き伝えていない人は間違うこともあろう。このことなどは、もっとも(太平記に)書き入れられて然るべきことではないだろうか。

 この中務大輔というのは、我らの兄の範氏のことである。

 写真左は、篠村八幡宮の本殿(京都府亀岡市)。写真右は、篠村八幡宮の境内にある矢塚。
 元弘三年
(1333)四月二十七日、六波羅探題を攻めることを決意して篠村八幡宮に陣を取った足利高氏が、自ら願文を添えて一本の鏑矢を奉納したところ、弟の直義を初め、諸将が我も我もと上矢を一本ずつ奉納して勝利を祈願し、社壇に矢がうず高く積み上げられたという(太平記・巻第九)。その矢を埋納した場所と伝えられているのが、写真右の矢塚。なお、一色右馬介と今川中務大輔のことは、現存する太平記にも記されていない。

 「今川に細川そひて出ぬれば 堀口きれて新田流るる」などという落書もあった。平家(平家物語)にも、「赤じるし白たなごひ(手拭い)に取かへて頭にまく小入道かな」などというおかしなことが書いてあるので、これも書き加えてもらえたら、子孫のために面目となるであろう。細川は、卿公(細川定禅)のことである。


 篠村八幡宮での旗揚げについては、『梅松論』の下記のページも参照。

  ◆ 梅松論14(六波羅攻め)

 「今川に細川そひて…」の後半に出てくる「堀口」は、新田氏の一族の堀口氏のこと。義貞の側近として活躍した堀口貞満が有名である。




戻る

次へ

インデックスへ戻る