難太平記10

− 八々王 −

東寺比叡山 その頃、大御所(尊氏)は東寺の御陣であった。先皇(後醍醐天皇)は、山門(比叡山延暦寺)に御座されていた。

 写真左は東寺、写真右は比叡山。東寺は洛中の南の端にあり、比叡山は京都の北東にある。

 この節に記されているのは、建武三年(1336)五月に尊氏が九州から再入洛したあとのことで、東寺に本陣を置いた武家方(尊氏方)と、比叡山から京都周辺の山伝いに洛中をうかがう宮方(後醍醐天皇方)との間で、攻防戦が続いていた。

 四方の口々を宮方が塞いだので味方は兵糧に困り、東は関山阿弥陀が峰、南は宇治路、西は老の山、北は長坂口などに何度も大将をつかわして(宮方を)追い払っていた。

 故入道殿(今川範国)が阿弥陀が峰に向かい、諏訪今比叡の前で戦(いくさ)して敵を追い払われた時、左の肩先を射られた。

 それから二三日して、四宮(しのみや)河原に軍勢を向けられた時、故入道殿が再び向かわれたが、その際、鎧の射向(いむけ。弓を射る時に左側を敵の方に向けることから、鎧の左側を「射向」と言う)の袖を解いて向かわれた。

 まず、坂口には仁木右馬助義長が向かった。これは、今の右京大夫である。三井寺路めぐり地蔵には故殿(範国)が向かわれた。その時に義長が、「今日は決して逃げてはいけない戦だ」と言ったので、故殿は「もちろん」とお返事された。

 終日両方の場所で合戦したが、仁木勢が退いたため、坂の手から伊勢国の愛曽という大力の者が一騎、うしろからやって来た。前方の戦いにかかりきりでこれに気付かず、(愛曽が)故殿のうしろに控えた安芸入道殿の兜のしころ( 兜の鉢から垂らして頸を防御するもの)を切り落としたため、(安芸入道は)落馬してしまった。並んで控えていた範氏(了俊の兄)も、三十六本差した大征矢(そや。戦闘用の矢)を払い切りにされた。

 その時、故殿は馬を立て直して、先手を取って太刀で打ちかかった。すると愛曽は、兜の鉢を割られて馬の平首につかまって太刀で払い、(範国の)左の御籠手の二つの板を切って前の敵の中に分け入った。その時、この戦いも終わった。

 後に、故殿の家人の殿村平三という者があいその知り合いで、(あいそに会った時、あいそが)この時の兜の鉢と半首(はつむり。「はつぶり」ともいう。額から両頬を防護する鉄製の面具)を取り出して見せ、「今川殿はどんな刀をお持ちになっているのか。ずいぶんそれがしが試した兜と半首(はつむり)を割られて、鉢巻きも切られて頭に少し傷をこうむってしまった。眼(まなこ)がくらんだので退いた。」と、語った。

 それ以来、この太刀を八々王とお名付けになった。八を二つ重ねたためだと仰せになっていた(注:「八」と「(兜の)鉢」を掛けている。兜の鉢と半首を同時に割ったので、八を二つ重ねた名にしたと思われる)。この太刀も籠手も、故総州(今川範氏。了俊の兄)が所望して今に相伝している。太刀は、国吉の作である。



 文中に出てくる「半首(はつむり、はつぶり)」は中世前期によく用いられた防具だが、戦国時代以降、顔全体を覆う「面頬」や目の下全体を覆う「半頬」にとってかわられたため、現存する遺物は無い。鉄でできており、この半首を付けた上から兜や烏帽子をかぶったという。

 左図の右が半首、左は『北野天神記』からの模写で、半首の上に烏帽子をかぶっている(『増補 装束甲冑図解』(関根正直編、国学院、明治32年)より)。また、『保元物語』の白河攻めの段で、鎌田次郎正清が源為朝に矢を射かけたところの描写に、「能く引いて放す矢が、御曹司(注:為朝)の半首にからりと中(あた)つて、冑(かぶと)の錏(しころ。兜の鉢に付けて頸から襟を防御するもの)に射付けたり」とあり、兜の下に半首を付けていたことがわかる。




戻る

次へ

インデックスへ戻る